コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーサンビー Kosambi, Damodar Dharmananda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーサンビー
Kosambi, Damodar Dharmananda

[生]1907.7.31. ゴア
[没]1966.6.29. プーナ
インドの数学者,歴史家。仏教学者ダルマーナンダの長男。ハーバード大学で数学を学び,若くして位相幾何学研究で名声を博した。北インドの諸大学の教授を歴任したあと,プーナに定住し,数学のほか,サンスクリット文献学,インド古代史,考古学の幅広い分野で独創的な研究をした。マルキストとして知られ,インド独立運動に参加し,独立後は平和運動に従事した。晩年,タタ基礎科学研究所教授をやめたあとは,インド古代史,考古学の著書を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コーサンビー

インドの数学者,歴史学者。米国ハーバード大学で数学を学ぶ。微分幾何学の研究のほか,インド古代史研究で知られる。代表作《インド史研究序説》(1956年)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コーサンビー【Damodar Dharmānand Kosambī】

1907‐66
インドの数学者,歴史学者。仏教学者ダルマーナンダの長男としてゴアの農村で生まれ,アメリカのハーバード大学で数学を学び,微分幾何学の第一級の論文をつぎつぎに発表した。インドの諸大学で数学教授を歴任した後,プネー(プーナ)に居住してファーガソン・カレッジ,タタ基礎科学研究所に勤めた。数学のほか,古代インド打刻印貨幣の統計学的研究,サンスクリット文献写本の批判的研究,マルクス主義によるインド古代史研究,プネー周辺の考古学的・文化人類学的研究など,多方面にわたって先駆的なすぐれた研究を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーサンビー
こーさんびー
Damodar Dharmnand Kosamb
(1907―1966)

インドの傑出した数学者、インド古代史家。ゴアに生まれる。優れた仏教学者でハーバード大学客員教授となった父に伴われ1918年渡米、同大学で学ぶ(1925~1929)。ベナレス・ヒンドゥー大学(1929~1931)、アリーガル・ムスリム大学(1931~1932)、プネ市のファーガスン・カレッジ(1933~1946)の数学教授を歴任後、新設のタタ基礎科学研究所(1947~1962)に移り、数学、統計学、原子物理学の発展に貢献。他方サンスクリット・テキストの校訂、翻訳に従事し、統計学の適用により考古学の新分野を開拓。史的唯物論によるインド史の解明を試みた。世界平和評議会の一員となり平和運動に参加、自立的な思想家として公式マルクス主義とは一線を画した。頭脳明晰(めいせき)、気むずかしく非妥協的な反面、ユーモアにあふれた饒舌(じょうぜつ)家であった。[古賀正則]
『コーサンビー著、山崎利男訳『インド古代史』(1966・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

コーサンビー

生年月日:1907年7月31日
インドの数学者,歴史家
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

コーサンビーの関連キーワードバッツァ王国生年月日

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android