コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーサンビー コーサンビー Kosambi, Damodar Dharmananda

4件 の用語解説(コーサンビーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーサンビー
コーサンビー
Kosambi, Damodar Dharmananda

[生]1907.7.31. ゴア
[没]1966.6.29. プーナ
インドの数学者,歴史家。仏教学者ダルマーナンダの長男。ハーバード大学で数学を学び,若くして位相幾何学研究で名声を博した。北インドの諸大学の教授を歴任したあと,プーナに定住し,数学のほか,サンスクリット文献学,インド古代史,考古学の幅広い分野で独創的な研究をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コーサンビー

インドの数学者,歴史学者。米国ハーバード大学で数学を学ぶ。微分幾何学の研究のほか,インド古代史研究で知られる。代表作《インド史研究序説》(1956年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コーサンビー【Damodar Dharmānand Kosambī】

1907‐66
インドの数学者,歴史学者。仏教学者ダルマーナンダの長男としてゴアの農村で生まれ,アメリカのハーバード大学で数学を学び,微分幾何学の第一級の論文をつぎつぎに発表した。インドの諸大学で数学教授を歴任した後,プネー(プーナ)に居住してファーガソンカレッジ,タタ基礎科学研究所に勤めた。数学のほか,古代インド打刻印貨幣の統計学的研究,サンスクリット文献写本の批判的研究,マルクス主義によるインド古代史研究,プネー周辺の考古学的・文化人類学的研究など,多方面にわたって先駆的なすぐれた研究を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーサンビー
こーさんびー
Damodar Dharmnand Kosamb
(1907―1966)

インドの傑出した数学者、インド古代史家。ゴアに生まれる。優れた仏教学者でハーバード大学客員教授となった父に伴われ1918年渡米、同大学で学ぶ(1925~1929)。ベナレス・ヒンドゥー大学(1929~1931)、アリーガル・ムスリム大学(1931~1932)、プネ市のファーガスン・カレッジ(1933~1946)の数学教授を歴任後、新設のタタ基礎科学研究所(1947~1962)に移り、数学、統計学、原子物理学の発展に貢献。他方サンスクリット・テキストの校訂、翻訳に従事し、統計学の適用により考古学の新分野を開拓。史的唯物論によるインド史の解明を試みた。世界平和評議会の一員となり平和運動に参加、自立的な思想家として公式マルクス主義とは一線を画した。頭脳明晰(めいせき)、気むずかしく非妥協的な反面、ユーモアにあふれた饒舌(じょうぜつ)家であった。[古賀正則]
『コーサンビー著、山崎利男訳『インド古代史』(1966・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーサンビーの関連キーワードフェルマーの定理宇井伯寿ベルンハイム国学者大学者和学者辛島昇木村日紀沢田吾一高橋壮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone