コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コート・ダジュール コートダジュール

2件 の用語解説(コート・ダジュールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コート・ダジュール

フランス南東部,地中海に面したカシからマントンまでの海浜地帯で,モナコニースカンヌ等有名観光地を含む。気候温暖,風光明媚な避暑・避寒地。→リビエラ
→関連項目ニースプロバンスモナコ(国)モンテ・カルロ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コート・ダジュール
こーとだじゅーる
Cte d'Azur

フランス南部、地中海岸の一部につけられた名称で、「紺碧(こんぺき)海岸」という意味。初めはカンヌとマントンの間、すなわちアルプ・マリティーム県の海岸だけをさしていたが、その後、西に延び、マルセイユ以東、イタリア国境までの海岸を総称するようになった。コート・ダジュールは気候に恵まれ、冬は暖かく、夏は雨が少なく、背後の山地で風も遮られ、絶好の海水浴場、保養地となっている。19世紀にニース周辺に療養者やイギリス人が、またカンヌ、モナコ、マントンなどに貴族や金持ちが集まり、避寒地として発展。第一次、第二次世界大戦の間にマルセイユからカンヌにかけての地域も海水浴場として開発され、第二次大戦後はいっそうの発展がみられた。なおイタリアの地中海沿岸一帯からコート・ダジュールまではリビエラとよばれる。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コート・ダジュールの関連キーワードツーロンプロバンスマルセイユローヌ川アンチーブイエール諸島クロアゼット通りサナリーシュルメールトゥーロンレランス諸島

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コート・ダジュールの関連情報