コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コート・ダジュール(読み)コートダジュール

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コート・ダジュール
こーとだじゅーる
Cte d'Azur

フランス南部、地中海岸の一部につけられた名称で、「紺碧(こんぺき)海岸」という意味。初めはカンヌとマントンの間、すなわちアルプ・マリティーム県の海岸だけをさしていたが、その後、西に延び、マルセイユ以東、イタリア国境までの海岸を総称するようになった。コート・ダジュールは気候に恵まれ、冬は暖かく、夏は雨が少なく、背後の山地で風も遮られ、絶好の海水浴場、保養地となっている。19世紀にニース周辺に療養者やイギリス人が、またカンヌ、モナコ、マントンなどに貴族や金持ちが集まり、避寒地として発展。第一次、第二次世界大戦の間にマルセイユからカンヌにかけての地域も海水浴場として開発され、第二次大戦後はいっそうの発展がみられた。なおイタリアの地中海沿岸一帯からコート・ダジュールまではリビエラとよばれる。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コート・ダジュールの関連情報