コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーラノキ コーラノキ Cola acuminata; cola tree

2件 の用語解説(コーラノキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーラノキ
コーラノキ
Cola acuminata; cola tree

アオギリ科の常緑高木で,熱帯アフリカ原産。種子はいわゆるコーラナッツ cola nutでカフェインを含み,先住民によってチューインガムのように使われた。熱帯各地で栽培され欧米に輸出されて,清涼飲料 (いわゆるコーラ飲用) やボンボンなどの原料となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーラノキ
こーらのき
cola
[学]Cola nitida A. Chev.

アオギリ科の常緑高木。熱帯西アフリカ原産で、種子(コーラ・ナッツ)は清涼飲料の原料とされる。高さ8~15メートル、葉は長卵形、革質で長さ約12センチメートル不規則な円錐(えんすい)花序を出して、多数の花をつける。花は直径1.5センチメートルで花弁はないが、黄色に紫色の線のある5枚の萼片(がくへん)が美しく、一年中咲いている。果実は8~10センチメートルの長楕円(ちょうだえん)形で、果柄に放射状に4~5個つき、茶褐色に熟す。開花後7~8か月目に熟し、中には径1.5センチメートルほどの扁球(へんきゅう)形の種子が5~9個ある。種子は赤または白色で、心臓の興奮作用のあるコラニン(2~2.5%)、苦味成分のデオブロミン(0.02%)を含む。生(なま)で噛(か)むと興奮と活気を覚えるので、古くからアフリカ人が嗜好(しこう)料に用いた。乾燥した種子を粉にして水に溶かして飲料とする。主として西アフリカ諸国で栽培され、主産国ナイジェリアでは年産10万トンと推定される。また、近年、ブラジルで栽培が始められている。
 近縁のヒメコーラC. acuminata Schott et Endl.もコーラノキと同様に利用する。[星川清親]
 褐色の種子から抽出したエキスは、コーヒーと同じカフェインと、コラニン色素が含まれている。コラニンは酵素酸化によりコーラ飲料の赤褐色のコラニンレッドとなる。コーラ飲料の主原料の一つである。[齋藤 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーラノキの関連キーワードアオサンゴパキラアフリカホウセンカコーヒーの木コーラの木大王椰子オルフィウム加加阿コラナットコンロンカ(崑崙花)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone