コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーラ飲料 コーラいんりょう cola drinks

5件 の用語解説(コーラ飲料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーラ飲料
コーラいんりょう
cola drinks

アメリカ産のコカの葉もしくは南アフリカブラジル産のコーラノキの種子から抽出した液をおもな材料にした清涼飲料。一般にコカコーラペプシコーラの名でよく知られている。この抽出液を主体に,さらに風味を出すためにレモン油オレンジ油などを併用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コーラ飲料【コーラいんりょう】

コラナッツの抽出液を基にした清涼飲料コラナッツは熱帯アフリカ原産のアオギリ科の常緑高木コーラの種子で,茶色で特有の苦味があり,カフェインテオブロミンなどを含み興奮剤の効がある。
→関連項目嗜好作物清涼飲料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

コーラ飲料

 コーラ(植物)の種実を抽出したものを主成分として作られる飲料.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コーラいんりょう【コーラ飲料】

コーラの種子エキスを含む炭酸飲料。代表的な銘柄にコカ・コーラ,ペプシ・コーラがある。コーラは熱帯アフリカ原産の高木で,種子はカフェインを含む。1886年アメリカのジョージア州アトランタの薬剤師ペンバートンコカ・コーラを創製,発売した。その後急速に普及し,アメリカの国民飲料とまでいわれるようになった。第2次大戦時にアメリカ軍により世界各地に紹介された。日本には1912年にはすでに輸入されていたようで,同年12月号《白樺》所載の高村光太郎作〈狂者の詩〉に〈コカコオラもう一杯〉と見えるが,大衆化しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーラ飲料
こーらいんりょう

コーラノキの種子(コーラ・ナッツ)のエキスを含む特有の風味と色をもつ炭酸飲料。コーラノキはアオギリ科の常緑高木で、西アフリカ原産地。コーラ・ナッツはカフェインを含み、西アフリカでは生(なま)の実を興奮性のある嗜好(しこう)品として用いていた。これがヨーロッパに伝わり、エキスを飲料に用いたのがコーラ飲料の始まりである。[河野友美・山口米子]

歴史

コーラ飲料は、イギリスのスコットランド地方で18世紀から19世紀にかけてつくられた記録がある。コーラ飲料として確立させたのは、1886年にアメリカのジョージア州アトランタの薬剤師ジョン・ペンバートンJohn S. Pemberton(1831―87)が売り出した「コカ・コーラ」が始まりである。独特の商法でアメリカ人の間に普及したが、とくに第二次世界大戦後は世界各国に市場を伸ばし、各地に進出している。日本では大正時代に東京・京橋の明治屋が少量輸入したが、ほとんど売れなかった。第二次大戦後、アメリカ軍とともに日本に上陸し、1957年(昭和32)から製造販売された。1898年にはペプシ・コーラ会社が創立され、コカ・コーラに次ぐコーラ飲料の販売量を誇っている。[河野友美・山口米子]

製法と成分

コーラ飲料は、コカ・コーラの場合、原液を売り利益を得ている。その原液の内容は秘密事項だが、コカノキの葉とコーラノキの種子の抽出液が主体で、甘味料、酸味料、香料などと、着色にカラメルを加え、二酸化炭素(炭酸ガス)を吹き込んである。[河野友美・山口米子]
『栗原久著『カフェインの科学――コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用』(2004・学会出版センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーラ飲料の関連キーワードコーラの木ウィルキンソン ドライコーラキリン コーラキリン メッツ コーラコカ・コーラ ゼロコカ・コーラ ゼロフリーチェリオコーラコラナット低炭酸性飲料ガラナ飲料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーラ飲料の関連情報