コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴイアニア Goiânia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴイアニア
Goiânia

ブラジル中部,ゴイアス州州都。首都ブラジリアの南西約 170km,中央高原上の標高約 760mの地にある。 1933年旧州都ゴイアスの南東約 110kmの現在地が新州都として選定され,37年に州政府がここに移転したが,州都として正式に発足したのは 42年である。広い街路と美しい公園を配した近代的な計画都市で,市内にはゴイアス連邦大学 (1960) ,ゴイアス・カトリカ大学 (59) などもあって,政治・学術都市としての性格が強いが,周辺の農牧地帯の中心地として,コーヒー,肉牛などの集散も盛ん。付近にニッケル鉱山がある。鉄道,道路によりブラジリア,サンパウロ,リオデジャネイロなどと結ばれる。人口 92万 838 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴイアニア(Goiânia)

ブラジル中部、ゴイアス州の州都。首都ブラジリアの南西約180キロメートルに位置する。1933年に内陸部の開発拠点として建設された計画都市で、緑豊かな公園が多い。1987年、医療用放射線源のセシウム137が盗まれ、249人もの被爆者と4人の死者が出た原子力事故が起きたことで知られる。ゴヤニア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゴイアニア【Goiánia】

ブラジル中西部のゴイアス州の州都。人口91万2136(1991)。ブラジリア南西方210km,標高730mの高原上の盆地に位置する。1933年,新しい計画都市として建設される。商業および牧畜,米作等農牧業の中心。それまでの州都,古都ゴイアス市は北西方145kmの地点にあり,現在人口1万数千人にすぎず,サンフランシスコ・デ・パウラ,バンデイラス博物館等18世紀の建築物を残す観光地となっている。【西川 大二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴイアニア
ごいあにあ
Goinia

ブラジル中西部、ゴヤス州の州都。ブラジリアの南西210キロメートル、ブラジル高原の標高760メートルに位置する。人口109万3007(2000)。1933年に近代的な都市計画に基づき、ブラジル内陸地域の開発の拠点として建設された都市で、政治、経済、文化の中心地として急速に発展した。市街地は数個のロータリーを核とする地区からなり、同心円状の広い街路と並木が美しい近代都市である。日系人の数も少なくない。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴイアニアの関連キーワードゴイアス[州]世界の核被害放射線障害アナポリスセシウム

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴイアニアの関連情報