ゴシック小説(読み)ゴシックしょうせつ(英語表記)Gothic novel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴシック小説
ゴシックしょうせつ
Gothic novel

ゴシックとはもともと中世建築の様式を表わすのに用いられた用語であるが,文学ではゴシックの城や僧院からイメージされ,18世紀後半のロマン主義前期にイギリスで流行した中世風の怪奇恐怖小説一群をいう。初期のものに H.ウォルポールの『オトラントーの城』 (1764) があり,イタリアの城主の後継者争いをめぐる物語で,地下道,幽霊,流血などのゴシック的な道具立てがそろっている。そのほか A.ラドクリフの『ユードルフォーの怪奇』 (94) ,M.ルイスの『修道僧』 (96) ,M.シェリーの『フランケンシュタイン』 (1818) などがある。その流行は比較的短期間であったが,今日までいろいろな形で繰返し行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴシックしょうせつ【ゴシック小説】

一八世紀後半から一九世紀初頭にかけてイギリスで流行した小説。中世のゴシック建築の古城などを背景とし、殺人・幽霊・分身などの怪奇・超自然を主題とする。ウォルポール・ラドクリフなどが代表作家。恐怖小説。ゴシックロマン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴシック小説
ごしっくしょうせつ
Gothic novel

イギリスの18世紀後半から19世紀初めにかけて流行した一群の小説。恐怖小説ともいう。中世のゴシック風の屋敷、城、寺院、修道院などを背景に超自然的怪奇性を主題とする。人物、道具立てに一定の型があり、たとえば、迫害されて長年の間監禁された女性に、圧制的な夫や叔父などが配される。屋敷や財産がその間強奪されて正統な相続人が苦難を味わう。舞台はイタリア、フランス、スペイン、ドイツなどで、迫害の一手段として宗教裁判が用いられることもある。古めかしい道具立てながら、当時の新しい美意識、政治感覚によって支えられた。創始者はホレス・ウォルポールで、『オトラントの城』(1764)はこの種の小説の原型をなす。以後、クレアラ・リーブClara Reeve(1729―1807)の『老イギリス男爵』(1777)を経て、1790年代に絶頂期を迎える。この時期を代表する女流作家がアン・ラドクリフで、その代表作『ユードルフォの怪奇』(1794)、『イタリア人』(1797)は広範な読者を得た。これらの作品にはいずれも迫害される女主人公が登場し、S・リチャードソンに始まる小説の系譜に属する。フランス革命に共鳴したウィリアム・ゴドウィンの『ケイレブ・ウィリアムズ』(1794)も迫害を受ける人物を扱い、ゴシック小説とみなされる。マシュー・グレゴリー・ルイスMattew Gregory Lewis(1775―1818)の『修道士』(1796)はドイツ文学の影響が強く、近親相姦(そうかん)、親殺しなどセンセーショナルな主題が扱われている。メアリー・シェリー『フランケンシュタイン』(1818)やチャールズ・マチューリンCharles Robert Maturin(1782―1824)の『放浪者メルモス』(1820)など後期ゴシック小説は作者の分身的人物の創造を特色とし、作家の目は人間心理の内奥に向けられている。初期アメリカ小説は、E・A・ポー、N・ホーソンらをはじめゴシック小説と密接な関係にある。[榎本 太]
『小池滋他編『ゴシック叢書30 城と眩暈――ゴシックを読む』(1982・国書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゴシック‐しょうせつ ‥セウセツ【ゴシック小説】

〘名〙 (Gothic novel の訳語) 一八世紀中頃から一九世紀初めにかけてイギリスで流行した一群の恐怖小説をいう。主に中世ゴシック風の古城、館などを背景に、幽霊などの超自然的な怪奇をあつかい、読者の好奇心にうったえたもの。代表作にホーレス=ウォルポールの「オトラントの城」、アン=ラドクリフの「ユードルフォの怪奇」があり、アメリカのポーなどに影響を与えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴシック小説の関連情報