コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴットワルト ゴットワルトGottwald, Klement

4件 の用語解説(ゴットワルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴットワルト
ゴットワルト
Gottwald, Klement

[生]1896.11.23. モラバ,ディエディツェ
[没]1953.3.14. プラハ
チェコスロバキアの政治家。小農の家に生れ,1912年 16歳のときに社会主義運動に身を投じた。 21年チェコスロバキア共産党結成に参加し,その後,党機関紙主筆,情宣部長を経て,29年の第5回大会で書記長に選出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴットワルト

チェコスロバキアの政治家。初め社会民主党指導者から,1921年チェコスロバキア共産党創立に参画,1929年党書記長。スペイン内乱にも参加,1928年―1943年コミンテルン中央執行委員

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴットワルト【Klement Gottwald】

1896‐1953
チェコスロバキアの政治家。モラビア生れ。1912年から政治活動を始め,第1次世界大戦に従軍。戦後,社会民主党左派で活動するが,21年にはチェコスロバキア共産党創立に参加,のちに党書記長,コミンテルン執行委員を務める。38年のミュンヘン協定成立後,モスクワに亡命し,当地より反ナチス抵抗運動を指導。帰国後,45年に副首相,46‐48年首相,48年2月のクーデタ大統領に就任(‐1953)した。【稲野 強】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴットワルト
ごっとわると
Klement Gottwald
(1896―1953)

チェコスロバキアの政治家。モラビア(現チェコ)のデディツェの小農の家に生まれ、指物師の徒弟となり、青年期に社会主義運動に加わった。第一次世界大戦後、社会民主党に加入、1921年の共産党の結成に参加し、党機関紙主筆、ついで党宣伝扇動部長を経て、1929年に党書記長に就任した。1939年にソ連に亡命、1945年に帰国しベネシュ大統領のもとで副首相として国民戦線政府に入閣、1946年に首相、1948年の二月革命以後大統領になった。1946年以後党議長に就任。スターリンの路線を忠実に実行、1953年のスターリンの葬儀に参列し、帰国直後に病死した。1962年には個人崇拝の誤りを批判された。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴットワルトの関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone