コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルドーニ Goldoni, Carlo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルドーニ
Goldoni, Carlo

[生]1707.2.25. ベネチア
[没]1793.2.6? パリ
イタリアの劇作家。富裕な医者の家に生れたが,14歳で旅回りの劇団に身を投じるなど,国内各地を転々とする青年期をおくった。彼の演劇は従来の仮面即興劇に対して,仮面に頼ることなく,社会条件に規定された個人としての登場人物を描き,せりふの即興性を排して,台本に定められたとおりを演じるものとした。啓蒙思想の影響を受けたとみられるこの改革により,イタリアの近代劇が確立された。しかし伝統的演劇を支持する C.ゴッツィらの反撃にあい,1762年パリにおもむき,貧窮の晩年をおくり,同地で没した。代表作『狡猾な寡婦』 La vedova scaltra (1748) ,『宿屋の女将』 La locandiera (53) ,パリ滞在中にフランス語で書いた『親切な気むずかし屋』 Le Bourru bienfaisant (71) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴルドーニ(Carlo Goldoni)

[1707~1793]イタリアの劇作家。写実的・近代的な性格喜劇を確立、イタリア近代喜劇の祖といわれる。作「二人の主人を一度に持つと」「宿屋の女主人」「いなか者」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゴルドーニ

イタリアの喜劇作家。ベネチアの生れ。従来のコメディア・デラルテを改革し,完全台本による写実的な喜劇を創出。のち,パリに移り,フランス語の喜劇でも成功した。代表作《宿屋のお内儀(かみ)》《カフェ》,フランス語で《親切な気難し屋》および自伝がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルドーニ【Carlo Goldoni】

1707‐93
イタリア最大の劇作家。ベネチアの医師の子で,幼少の頃から人形劇など芝居に夢中になる。貴族の侍医となった父の助手としてイタリア各都市に滞在。1723年にベネチアに帰り,パドバやモデナで法律を学ぶ。この間1721年に勉強を嫌って旅回りの一座に入り込み,滞在中のリミニから逃げ出したりしている。父親の死の翌年31年パドバ大学で法律を修め,しばらくベネチアで弁護士を開業,初期の習作を書いている。その後恋愛問題を起こしミラノに逃れ,北イタリアに滞在中34年ベローナでサン・サムエーレ劇団と出会い,座付作者となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゴルドーニ【Carlo Goldoni】

1707~1793) イタリアの劇作家。近代的性格喜劇を確立。代表作「噓つき」「宿屋の女将」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴルドーニ
ごるどーに
Carlo Goldoni
(1707―1793)

イタリアの劇作家。在来の仮面即興喜劇(コメディア・デラルテ)の類型的人物を排して、卑俗な茶番劇を脱し、18世紀の合理的精神と市民的リアリティに基づく性格喜劇を提供し、演劇の革新に貢献した。2月25日ベネチアに生まれる。1731年パドバ大学で法律を修めて弁護士となり、イタリア各地を遍歴するかたわら劇作に精進する。48年法曹界を離れ、メデバック劇団、続いてサン・ルカ劇場の座付作者となり、共通語およびベネチア方言による傑作を矢つぎばやに舞台にのせた。代表作に『二人の主人を一度にもつと』(1745)、『コーヒー店』(1750)、『宿屋の女主人』(1753)、『広場』(1756)、『田舎者(いなかもの)』(1760)、『キオッジャ騒動』(1762)、『扇』(1763)があり、現在もさまざまな演出により上演されている。
 作品は平等を自明の理として、軍隊、法廷、貴族に対する風刺、対照的に女性の権利や農民、漁民の仕事の擁護など庶民の生活感情に共感を示す。このため保守層から政治的圧迫を、とくに劇作家のキアーリやカルロ・ゴッツィからは芸術的にも排撃され、1762年にはパリの「イタリア劇団」の招きに応じて不本意ながらフランスへ移住。64年以降ベルサイユ宮で王室子女のイタリア語教授を担当するが、フランス革命のためパリに退き、93年1月6日または7日、同地で没。フランス語による『回想録――わが生涯と演劇』は西欧演劇史上貴重な文献とされる。[里居正美]
『田之倉稔編訳『ゴルドーニ劇場』(1983・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゴルドーニの言及

【イタリア演劇】より

…イタリア演劇ではこの〈メロドラマ〉が悲劇の役割を果たした。 18世紀を代表する劇作家といえば,ためらわずにC.ゴルドーニC.ゴッツィの名を挙げることができる。この2人のベネチア人は創作面では敵対を続け,ついにお互いを理解しようとしなかった。…

【ストレーレル】より

…58年の《三文オペラ》,それに続く《セチュアンの善人》などが知られる。またもう一つは,同じ時期のイタリア劇文学の広範な読みなおしによるC.ゴルドーニ劇の再解釈とイタリア自然主義作家(カルロ・ベルトラッツィなど)の発見である。これにはゴルドーニの《二人の主人を一度に持つと》《田園三部作》《キオッジアの紛争》などのすぐれた演出がある。…

【ミラノ・ピッコロ座】より

…同劇団は,ストレーレルという創意豊かな演出家の指導のもとに,イタリアの演劇界においてめざましい活動を見せ,国外にまでその舞台は知られるようになった。幅広いレパートリーの中で特に高い評価を受けているのは,C.ゴルドーニ,W.シェークスピア,B.ブレヒトの作品である。特にブレヒトの《三文オペラ》(1955)と《ガリレイの生涯》(1963)の上演では,西ヨーロッパにおいて最も高い水準の舞台を作りあげ,ストレーレルによるブレヒトの演出は世界の脚光を浴びた。…

※「ゴルドーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴルドーニの関連キーワードゴッツィ(Gasparo Gozzi)ゴッツィ(Carlo Gozzi)オメロ アントヌッティG. ストレーレルバウディッシーンE. ドゥーゼストレーレルイタリア文学イタリア演劇サルビーニビスコンチリストーリダミアーニモレッティドゥーゼ月の世界薬剤師ノベリ歌姫

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android