コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイラス・マーナー サイラス・マーナーSilas Marner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイラス・マーナー
Silas Marner

イギリスの女流作家 G.エリオットの小説。 1861年刊。手織職人サイラス・マーナーは親友の裏切りから無実の罪に問われ,すっかり人間嫌いになって片いなかの村で孤独な生活をおくり,金貨の数がふえるのを唯一の楽しみとする守銭奴になっている。ところが近在の地主の道楽息子にこの金を盗まれ,そののち,家に迷い込んできた捨て子の少女エピーを養育することになり,次第に愛に目ざめていく。因果応報の道徳性を強調した厳粛な語り口のなかに,農民の素朴でユーモラスな人情を交えた好中編で,エリオットの代表作の一つとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイラス・マーナー
さいらすまーなー
Silas Marner

イギリスの女流小説家、G・エリオットの中編小説。1861年刊。ラブローの村に1人住むリネン織工サイラス・マーナーは、かつて北部の故郷で親友に裏切られて以来、神と人間への信頼を失い、金をためることのみを唯一の喜びとする孤独な男。ある夜この金が何者かによって盗まれ、彼は絶望のどん底に落ちるが、偶然迷い込んだ幼児エピーを男手一つで育てるうちに、この幼児への愛を通して人生と自然への愛情を取り戻す。この主題は「純粋で自然な人間関係のもつ救済力」(作者の手紙の一節)にほかならない。[川本静子]
『土井治訳『サイラス・マアナー』全2冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例