コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイラトロン thyratron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイラトロン
thyratron

熱陰極格子制御放電管陽極熱陰極制御格子を入れた管内に,水素,ネオン,アルゴン,水銀蒸気などのガスを封入した電子管。制御格子に負の電圧を加えておくと,陽極電圧が正の場合でも電流は流れないが,格子電圧を正にすると管内にアーク放電が生じ,大きな陽極電流が流れる。陽極電圧が負の場合は電流が流れないので,整流作用がある。小さな入力によって大きな電力を敏速に制御できるので,一種の継電器として使われる。また交流電源を使って格子電圧と陽極電圧の位相差を適当にとれば,平均電流を制御できる。パルス発振器にも使われる。主として整流・制御用に用いられてきたが,大電力の水素入りサイラトロンを除き,半導体素子で置き換えられつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サイラトロン

制御格子をもつ熱陰極放電管で,格子電圧を制御して放電を始動させるもの。水銀入りサイラトロンは整流器用,キセノン,アルゴンなど希ガス入りは制御装置用,水素入りはレーダー等のパルス発生用に使われる。
→関連項目インバーターサイリスター放電管

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

サイラトロンの関連キーワードハル(Albert Wallace Hull)飽和変圧器インバータSCR熱電子