コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サギ(鷺) サギ

百科事典マイペディアの解説

サギ(鷺)【サギ】

サギ科の総称翼長は12〜50cmで,くちばしや脚,(くび)の長い水辺の鳥。全世界に分布し,約60種。日本には18種がすむ。水田や川で魚,ザリガニなどを食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サギ【サギ(鷺) heron】

コウノトリ目サギ科Ardeidaeの鳥の総称。英名は一般にheronであるが,コサギの仲間はegret,ヨシゴイ,サンカノゴイの仲間はbitternと呼ばれる。サギ科は極地を除く全世界に分布し,15~20属約62種に分類される。日本産のものは,迷鳥や絶滅種も含めると18種になる。全長28~145cm。最大種のオニアオサギArdea goliathやシロハラサギA.imperialisはツル類に匹敵する大型鳥だが,最小種のコヨシゴイIxobrychus exilisはヒヨドリ大の大きさしかない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サギ(鷺)の関連キーワードゴイサギ(五位鷺)チュウサギダイサギササゴイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android