コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サギソウ

百科事典マイペディアの解説

サギソウ

本州〜九州の湿原にはえるラン科の多年草。球茎から直立し,高さ20〜40cm,数枚の線形のをつける。花は夏,茎頂に1〜3個つき,白色で径約3cm。3枚の緑色の萼片と3枚の花弁がある。
→関連項目ラン(蘭)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サギソウ【Habenaria radiata Spreng.】

サギを連想させる白色の清楚(せいそ)な花を盛夏につける小型のラン科植物(イラスト)。低山湿地に自生するが,栽培されることが多い。地下に球形塊根があり,それで越冬する。茎は直立し,高さ20~40cm,基部近くに普通,葉を3~5枚つける。葉は広線形で長さ5~10cm。上部の葉は小さく,鱗片状になる。7~8月,茎の先に花を1~3個つける。花は径約3cm。萼片は緑色で小さい。花弁は白色,上向きに立つ。唇弁も白色,3深裂し,側裂片がフリル状に中裂し目だつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サギソウ
さぎそう / 鷺草
[学]Habenaria radiata (Thunb.) Spreng.

ラン科の多年草。地中に球根をつくって冬を越し、春に発芽する。葉は細く、茎を抱くようにして5~7枚互生する。7~8月、花茎を20~30センチメートルに伸ばし、径約3センチメートルの花を2、3個開く。萼片(がくへん)3枚は緑色で小さいが、花弁3枚は白色で目だつ。ことに唇弁は大形で周辺が細かく裂け、後方には長い距(きょ)がある。この花形がサギの飛び立つ姿にみえるとして、サギソウの名がついた。日当りのよい湿原の草間に生え、群生することもある。東北地方南部から九州に分布する。
 園芸品種としては、葉に白や黄の覆輪斑(ふ)の入るものが栽培される。浅い植木鉢に植え、毎年発芽前に上質のミズゴケに植え替え、棚上に置いて十分日に当てる。水は朝夕かけ流し、薄い水肥をときどき与えるとよい。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サギソウの関連キーワード池田(徳島県)ツレサギソウ山形県南陽市ヤマサギソウテガタチドリトンボソウラン(蘭)ミズトンボ食虫植物黒沢湿原ミズゴケ可睡斎サギ

サギソウの関連情報