コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトウ・ハチロー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サトウ・ハチロー

[生]1903.5.23. 東京
[没]1973.11.13. 東京
詩人,小説家。本名,佐藤八郎。父は小説家佐藤紅緑。各地の中学校を転々としたのち,立教中学校を中退。福士幸次郎西条八十に師事,詩作を始め,童謡の作詞家として認められ,天性のヒューマニズムと豊かな抒情性によって多くの愛唱歌を生んだ。また,浅草軽演劇の台本や,ユーモア小説も書き,歌謡曲の作詞にも活躍した。第2次世界大戦後は童謡の復興に努め,敗戦直後歌われた『りんごの歌』や中田喜直作曲の『ちいさい秋みつけた』,テレビ番組のタイトル詩『おかあさん』などで人々に親しまれた。童謡集『少年詩集』 (1951) ,『スカンクカンクプウ』 (60) ,『タムタムナムナム』 (63) などがある。異母妹に小説家佐藤愛子がいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サトウ・ハチロー

詩人。本名佐藤八郎。佐藤紅緑の長男。東京生れ。立教中学中退。15歳で,西条八十に入門,童謡をつくりはじめる。1930年からは歌謡曲の作詞もはじめる。一方,詩集《爪色の雨》(1926年),《おかあさん》(3巻。
→関連項目菊田一夫佐藤愛子中田喜直

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サトウ・ハチロー
さとうはちろー
(1903―1973)

詩人。東京に生まれる。本名佐藤八郎。陸奥速男(むつはやお)、並木(なみき)せんざ、玉川映二、星野貞志、清水操六、山野三郎、倉中佳人、熱田房夫ともいった。小説家佐藤紅緑(こうろく)の長男。立教中学中退。1926年(大正15)第一詩集『爪色(つめいろ)の雨』を刊行。第二次世界大戦終了まではユーモア作家、歌謡曲詩人として活躍。戦後は雑誌『赤とんぼ』『少年少女』を基盤に童謡一筋に励み、『叱(しか)られ坊主』(1953)、『木のぼり小僧』(1954)を出版。『リンゴの唄(うた)』の作詞、テレビのタイトル詩「おかあさん」により多くの人に親しまれた。芸術選奨や紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受け、新人養成のため木曜会を結成、『木曜手帖(てちょう)』を創刊。44年(昭和19)日本童謡協会をつくり会長となり、46年日本音楽著作権協会会長に就任。73年勲三等瑞宝章(ずいほうしょう)受章。没後、東京都文京区弥生(やよい)にサトウハチロー記念館が設立されたが、96年(平成8)岩手県北上市へ移転した。[藤田圭雄]
『『サトウハチロー童謡集』(1977・弥生書房) ▽『サトウハチロー・ユーモア小説選』全20巻(1976~79・岩崎書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

サトウ・ハチロー

生年月日:1903年5月23日
大正時代;昭和時代の詩人;児童文学作家
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のサトウ・ハチローの言及

【軽演劇】より

…その後〈ムーラン〉は,さらに作家として中江良夫,金貝省三,小沢不二夫ら,俳優として左卜全(1894‐1971),明日待子,小柳ナナ子,有島一郎,千石規子らの俳優を育てた。かたや〈ピエル・ブリアント〉では,菊谷栄,サトウ・ハチロー(1903‐73),和田五雄らが喜劇を書き,俳優陣に柳田貞一,武智豊子(〈ムーラン〉から移籍)らがいた。 一方,31年に日本にも登場した本格的トーキーによって,サイレント映画の弁士が失職。…

【童謡】より

…しかし,子どもの流行歌としての〈レコード童謡〉の量産がその質の低下をもたらし,戦後再び子どもの歌の運動が起きた。〈赤い鳥〉の流れをくむ詩人サトウハチロー(1903‐73)や新進作曲家団伊玖磨(1924‐ ),芥川也寸志(1925‐89),中田喜直(1923‐ )らによるもので,NHKのラジオ番組〈歌のおばさん〉を媒介とし,ここから《めだかの学校》《ぞうさん》など,簡単な旋律でありながら,芸術味のある歌が誕生した。ついで中田喜直,磯部俶(1917‐ )らによる〈ろばの会〉が結成され,彼らは〈レコード童謡〉のイメージから脱皮すべく童謡の名称を用いず,〈こどものうた〉とよんだ。…

※「サトウ・ハチロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サトウ・ハチローの関連キーワードあんまりみどりがあかるいからいつでもどきどきしてるんだわらいかわせみに話すなよ若者と小犬とクロアサンるんるんるん こな雪がさわると秋がさびしがるサトウハチロー記念館うそなんかいうもんかかわいいかくれんぼラ・ゴロンドリーナうれしいひなまつり岩手県北上市立花この日をめざしてそんな思い出がサトウハチロー佐藤愛子(1)プンプンポルカお山の杉の子国木田 虎雄もうすぐ春だ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android