サパタ(英語表記)Zapata, Emiliano

  • 1879―1919
  • Emiliano Zapata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1879.8.8. モレロス,アネネクイルコ
[没]1919.4.10. モレロス,チチメカ
メキシコ革命農民軍指導者。農民の子として生れ,農民による小規模なゲリラの指導者となった。 1910年の F.マデロの武装反乱を支持してモレロス州蜂起したが,やがてマデロと対立,11年 11月徹底した土地改革を目指すアヤラ・プランを発表した。以後一貫して土地改革を主張し,14~15年には貧農出身の P.ビヤと同盟,メキシコシティーを占領したが,カランサ派に追われ,19年暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メキシコの革命家。モレロス州の小農の出身。1911年インディオ農民を率いてメキシコ革命に参加した。政治の民主化を優先するマデロ革命政権に不満で,徹底した土地改革・共有地復活を要求したアヤラ宣言を発し,メキシコ南部の支配地域で土地改革を実行した。カランサ大統領と対立,ゲリラ戦で抵抗するが暗殺された。
→関連項目インディヘニスモサパティスタ国民解放戦線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1879‐1919
メキシコ革命動乱期の農民運動の指導者。農地改革運動のシンボル的存在となった伝説的英雄。メキシコ市に隣接する伝統的な糖業地帯モレロス州の大農園(アシエンダ)に囲まれた小村アネネクイルコの小農の子に生まれた。モレロス州は19世紀末から20世紀初頭にかけて糖業の近代化と砂糖ブームにより急激な変化を経験したが,その結果大農園と周辺の村との間で土地や水利権をめぐる紛争が続発した。このような状況のなかで1910年5月村民を率いて武力で大農園に占拠された土地の奪還を図ったサパタは,その強い意志と優れた指導力によって,武装蜂起した農民運動の指導者となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1879~1919 メキシコの農民運動指導者。農民軍を率いてメキシコ革命に貢献。土地改革の徹底を要求し、革命主流派と対立、暗殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メキシコ革命の農民軍指導者。メキシコ市の南に隣接するモレロス州出身の小土地所有者で、1910年マデロの指導するメキシコ革命が始まると、翌11年3月貧農を率いてこれに参加した。しかし革命勝利後、土地改革に消極的なマデロ大統領と決裂し、同年11月、徹底した土地再分配と共同体的土地所有の復活を要求する「アヤラ・プラン」を発表、武装闘争を再開した。13年の反革命クーデター後も闘争を続け、14年の第二次革命の勝利後は、北部の貧農出身のビリャと同盟して国土の大半を占領した。しかし、15年には革命主流派(カランサ派およびオブレゴン派)に敗北した。以後モレロス州でゲリラ戦を続けたが、19年カランサ大統領の軍隊に暗殺された。しかし、サパタ派の土地改革要求は17年に制定された革命憲法に取り入れられ、以後メキシコの土地改革運動に大きな影響を与えた。[野田 隆]
『ジョン・ウォーマック著、向後英一訳『サパタとメキシコ革命』(1970・早川書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1879ごろ〜1919
メキシコの革命家。インディオ出身の農民軍指導者
ディアス独裁政権打倒をめざすメキシコ革命で指導者マデロの呼びかけに応じ,農民を率いて蜂起に参加した。しかしマデロ新政権の妥協に反対し,土地改革の徹底と共有地の復活を柱とした綱領を掲げ,貧農を中心とした農民軍による闘争を継続した。そのため政権についた革命主流派と対立を深め,暗殺された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のサパタの言及

【アヤラ計画】より

…メキシコ革命動乱期の1911年11月28日,南部モレロス州の農民運動の指導者サパタによって発表された革命綱領。その中でサパタは,これまで支持してきたマデロ大統領との決別を表明し,農地改革の具体策として大農園(アシエンダ)によって不法に占拠された村の共有地ならびに水利権の返還,土地なき農民への土地の再分配,それに反対するものの土地の強制接収などを宣言した。…

【インディヘニスモ】より

…以後の運動は国家の体制内に位置づけられ,従来どおり教育,社会福祉などに限定されることになる。一方メキシコでは革命を契機に,この問題はE.サパタを中心とした共同体農民により,共同体的復権に依拠した解決を見るかと思われた。しかし,革命の性格がブルジョア的方向へ転換されたため,運動は憲法にいう努力目標へと収斂されることになり,のち国家体制への統合運動となっていった。…

※「サパタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サパタの関連情報