コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サプライサイド経済学 さぷらいさいどけいざいがく

2件 の用語解説(サプライサイド経済学の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サプライサイド経済学

資源を公共部門から民間部門へ、消費財から資本財へ振り分けることで、生産力増強と物価水準の安定を目的とする経済政策考え方を指す。具体的な政策としては所得税の減税措置、政府支出の削減、政府規制の緩和などが挙げられる。政府規制の緩和と企業の減税で民間企業の投資意欲が増大し、生産力が向上することから、民間部門の活力を活性化することで、国の経済を復活できるとしている。現在の日本で一般的に言われる構造改革とは、このサプライサイド経済学が根本にある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サプライサイド経済学【サプライサイドけいざいがく】

需要側を重視するケインズ学派に対して供給側supply-sideの重視を主張し,資源を公共部門から民間部門へ,消費から投資へ向けることで,生産力の強化と物価の安定が達成されると論ずる経済学理論。
→関連項目ラッファー曲線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サプライサイド経済学の関連情報