サラシナショウマ

百科事典マイペディアの解説

サラシナショウマ

北海道〜九州,東アジア山中の草地にはえるキンポウゲ科多年草。葉は大型で2〜3回3出複葉。夏〜秋,枝先に長さ20〜30cmの穂を出し,小さな白色花を密につける。花には長さ5〜10mmの柄があり,多数の白いおしべが目だつ。後,小柄のある2〜7個の果実を結ぶ。近縁イヌショウマは花に柄がなく,果実は1〜2個,小柄がない。オオバショウマは後者に似ているが,小葉の先がとがる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラシナショウマ
さらしなしょうま / 晒菜升麻
[学]Cimicifuga simplex Wormsk.

キンポウゲ科の多年草。地下茎は太く横にはう。茎は高さ0.4~1.5メートル。根出葉は大形で3回3出複葉、小葉は卵形で鋭い鋸歯(きょし)があり、先端は急にとがる。8~10月、長さ約30センチメートルの細長い総状花序をつけ、白色で径約1センチメートルの花を開く。花弁、萼片(がくへん)は早い時期に落ち、白色の多数の雄しべが残る。温帯から亜寒帯の草原や林縁に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、東シベリア、カムチャツカ、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。名は、若葉をゆでて水にさらして食べることによる。根を干したものを漢方では薬とする。サラシナショウマ属は北半球に約15種分布し、日本にはこのほかにイヌショウマ、オオバショウマの2種がある。いずれも果実は袋果で、鱗片(りんぺん)のある種子がある。[門田裕一]

薬用

外面は黒褐色、内部は白色の根茎を漢方では升麻(しょうま)と称して、解熱、解毒、強壮剤として、麻疹(ましん)の初期、口舌の潰瘍(かいよう)、歯肉炎、脱肛(だっこう)などの治療に用いる。中国ではオオミツバショウマC. heracleifolia Komarov、フブキショウマC. dahurica (Turcz.) Maxim.の根茎も同様に用いる。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android