コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラダ油 サラダゆsalad oil

翻訳|salad oil

8件 の用語解説(サラダ油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラダ油
サラダゆ
salad oil

各種のサラダや冷食類に用いられる食用油で香味がよく,色も淡いものを総称してサラダ油としている。本質的には一般の植物油と異ならないが,極度に精製し,熱処理もできるだけ避け,低粘度で耐寒性の高い製品である。種類としてはつばき油,オリーブ油,落花生油,コーン油,ぬか油,大豆油などを原料としたものがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サラダ‐あぶら【サラダ油】

サラダゆ(サラダ油)

サラダ‐ゆ【サラダ油】

サラダドレッシングやオイル漬けなどに使う、精製度の高い油。オリーブ油・綿実油コーン油など。サラダオイル。サラダあぶら。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サラダ油【サラダゆ】

サラダオイルとも。サラダなどに用いる食用油。精製した植物油をさらに脱臭,脱色,脱蝋し,0〜10℃以下でも濁りを生じないほどにした純度の高い高級油。ゴマ,ダイズナタネトウモロコシ等の油を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

サラダ油

 サラダに用いる油.サラダは冷やして食べることが多いので,冷やしても濁らないウインタリングという処理をする.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サラダゆ【サラダ油 salad oil】

主としてサラダドレッシングやマヨネーズに使用することを目的として製造された食用油。サラダオイルともいう。液状の食用植物油が用いられる。加熱せず,生食するため,とくに舌触りがよく,香味良好,色のよい(淡色)もので,低温(0~10℃)で濁ったり,凝固したりしないこと,保存中の酸化安定性のよいことが望まれる。原料として,オリーブ油,ダイズ油ヒマワリ油トウモロコシ油,米油などが用いられ,製造にあたっては油脂をよく精製し,風味の安定をはかる必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラダ油
さらだゆ

精製食用油よりさらに精製度が高く、サラダドレッシングなど生食に適した淡泊な風味の食用植物油。冷蔵しても混濁しないように脱蝋(だつろう)処理(ウインタリング)がされる。JAS(ジャス)(日本農林規格)で精製度の規格が定められている。綿実(めんじつ)、大豆、ごま、ヒマワリ、サフラワー(ベニバナ)、菜種、コーンなどの油が単品あるいは混合して使用される。揚げ物や炒(いた)め物にも用いられる。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサラダ油の言及

【食用油】より

…油脂の消化吸収には時間が比較的長くかかるので,消化器官が病弱な人の場合,とくに夏などにはよけいにとると下痢をすることもある。【内田 安三】
[植物性食用油の種類と用途]
 市販品にはてんぷら油,白絞(しらしめ)油,サラダ油などの名がみられるが,これらは精製度を示すもので,てんぷら油から,白絞油,サラダ油の順に精製度が高くなっている。てんぷら油は標準的な揚油としてつくられるもので,揚物の風味がよく,“こし”(熱安定性)が強く,減りの少ないことが求められる。…

※「サラダ油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラダ油の関連情報