コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラワクイルカ サラワクイルカ Lagenodelphis hosei; Fraser's dolphin

2件 の用語解説(サラワクイルカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラワクイルカ
サラワクイルカ
Lagenodelphis hosei; Fraser's dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科サラワクイルカ属。体長は約 2.7mに達する。体重は約 210kgをこえる。出生体長は約 1m以下。背部は黒色,腹部は白色,体側は灰色である。幅広の黒灰色の帯が,前頭部と嘴 (くちばし) の境から眼を通って肛門まで達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラワクイルカ
さらわくいるか
Fraser's dolphin
[学]Lagenodelphis hosei

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科に属するハクジラ。1895年にサラワクで捕獲されイギリスの大英博物館に保存されていた標本を調べて1956年に学名がつけられた。成体の体長約2.5メートルの小形種で、マイルカに似た体形であるが、吻(ふん)がかなり短く、胸びれ、背びれが小さい。背側の黒青色と胸腹部の白色の境界は比較的判然とし、胸びれから口角(こうかく)へかけて黒帯がある。大群をつくり、世界の熱帯海域の外洋に分布する。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラワクイルカの関連キーワードハクジラ類マッコウクジラ赤坊鯨克鯨巨頭鯨歯鯨鬚鯨イルカ(海豚)クジラ(鯨)ゴンドウクジラ(巨頭鯨)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone