コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラン サラン Saran'

7件 の用語解説(サランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラン
サラン
Saran'

カザフスタン中部,カラガンダ州の都市。カラガンダ炭田の採炭中心地の一つで,州都カラガンダの南西約 30kmに位置する。 1946年建設され,54年市となった。カラガンダと鉄道,ハイウェーで連絡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サラン(saran)

ポリ塩化ビニリデン合成繊維。魚網・シートテントなどに利用。商標名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サラン

米国のダウ・ケミカル社およびその技術提携会社の製造する塩化ビニリデンフィルムおよび繊維の商品名。→塩化ビニリデン樹脂
→関連項目合成繊維

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

サラン

 ポリ塩化ビニリデン主成分とする合成樹脂で,フィルムなどに加工して利用されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サラン【Saran】

塩化ビニリデンCH2=CCl2は1840年に発見された沸点32℃の無色の液体で,古くからよく重合することで知られていた。1940年にアメリカのダウ・ケミカル社が,塩化ビニリデンを重合させたポリ塩化ビニリデンCH2-CCl2n(重合度nは約200)をサランという商標で市販しはじめた。ベロンVelon(アメリカ),クレハロンKrehalon(日本)もサランと同じ化学構造の繊維の商標である。実際にサランは,85%(重量)の塩化ビニリデン,13%の塩化ビニルおよび2%のアクリロニトリル単位から成る共重合体である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サラン【Saran】

合成高分子化合物の一。塩化ビニリデンと10~15パーセント程度の塩化ビニルとの共重合体。摩擦に強く吸湿性がほとんどないので、テント・漁網・ロープ・座席カバー・シート・カーペット・食品包装用フィルムなどに使われる。商標名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラン
さらん
Raoul Salan
(1899―1984)

フランスの軍人。陸軍大将。第二次世界大戦前は海外各地に長く勤務し、大戦後はインドシナ派遣軍総司令官アルジェリア派遣軍総司令官を歴任した。「フランスアルジェリア」を叫んだ1958年5月のアルジェのフランス植民者の反乱に加担してドゴール担ぎ出しに一役買った。再登場後のドゴールがアルジェリア独立容認に傾いたため1961年4月の軍事反乱に加担し、反乱失敗後、欠席裁判で死刑を宣告された。テロ組織OASを創設しドゴールのアルジェリア政策への反対を続けたが、1962年に逮捕され終身禁錮に減刑された。1968年に特赦で釈放された。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサランの言及

【化学繊維】より

…ドライクリーニング用のトリクロロエチレンで膨潤を起こすので,これの使用は避ける。
[ポリ塩化ビニリデン系]
 1940年にアメリカのダウ・ケミカル社でサランSaran(商標)として工業化された古い合成繊維。クレハロンKurehalon(商標)もこれに属する。…

【化学繊維】より

…ドライクリーニング用のトリクロロエチレンで膨潤を起こすので,これの使用は避ける。
[ポリ塩化ビニリデン系]
 1940年にアメリカのダウ・ケミカル社でサランSaran(商標)として工業化された古い合成繊維。クレハロンKurehalon(商標)もこれに属する。…

※「サラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サランの関連キーワード塩化ビニリデンビニル樹脂ベロンポリ塩化ビニリデン塩化ビニリデンケーシングKタイプ高周波シール塩化ビニリデン樹脂ポリ塩化ビニリデンフィルムポリフッ化ビニリデン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サランの関連情報