サルナシ

百科事典マイペディアの解説

サルナシ

日本全土,東アジアの山地にはえるマタタビ科の落葉木性つる植物。幹は高さ10m,15cmにも達する。葉は広卵形で先がとがり,縁には細鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。5〜6月,葉腋に白い5弁花を開く。花は径1〜1.5cm,雄花序には3〜7花,雌花序に1〜3花つく。果実はやや球形で10〜11月に淡緑黄色に熟し,食べられる。つるを細工物とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サルナシ【tara vine】

山中で普通にみられるマタタビ科の落葉つる性木本。サルが食用とし,猿酒をつくったというのでこの名がある。また,つり橋をつくり,いかだを組むのにこのつるを用いたので,ハシカズライカダムスビの異名もある。日本,朝鮮,中国に自生する。雌雄異株で,他の木にまとわりついて伸び,年間10mにも及ぶ。葉形はナシに似て,初夏,雄花は葉腋(ようえき)に数個,雌花は1個つける。果実は長球形の液果で長さ約2.5cm,淡緑黄色に熟する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルナシ
さるなし / 猿梨
[学]Actinidia arguta (Sieb. et Zucc.) Planch.

マタタビ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。シラクチヅルともいう。つるは高い木に絡みついて登り、髄は褐色で階段状の空所があり、太いものは幹が径15センチメートルとなる。樹皮は縦に長くはがれやすい。葉は厚くマタタビのようにつるの先の葉が白くなることはない。葉柄はやや赤みを帯びる。雌雄異株か、同じ株に単性花と両性花が混じる。夏、白色花をつけ、雄花と両性花は集散花序となり、雌花は単生する。果実は液果でやや球状、長さ約2センチメートル、緑褐色に熟す。日本全土の山林に生え、東アジアの暖帯に分布する。
 果肉は甘酸味があり、果実酒にする。つるはじょうぶで腐りにくいので、筏(いかだ)を縛ったり、蔓(かずら)橋の材料とする。徳島県の祖谷(いや)川の蔓橋は観光名所となっている。また、太いつるを切ると、根のついたほうの切り口から水が出るので飲用とされ、山でのどが渇いたときに役だつ。名は、果実の形がナシに似ており、サルが食用とするためといわれる。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサルナシの言及

【マタタビ】より

…マタタビより北方に分布し,日本(北海道~四国),朝鮮,中国,シベリアに見られる。サルナシA.arguta Planch.(別名コクワ)はマタタビよりも幅広く,光沢のある葉を有する落葉つる性木本で,果実は円卵形,径1.5~2cmになり,熟しても緑色だが芳香と甘味があって美味である。日本から中国東北地方に分布する。…

※「サルナシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android