サルモネラ症(読み)サルモネラしょう(英語表記)salmonellosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルモネラ症
サルモネラしょう
salmonellosis

三大細菌性食中毒の一つ。サルモネラ属の細菌による感染症でチフス性と非チフス性に大別される。非チフス性サルモネラ症は腸チフスパラチフス類を除いたもので,普通サルモネラ症という場合は非チフス性をさす。食中毒は生菌の小腸感染によるもので,潜伏期は約1日。悪心,嘔吐,腹痛,下痢,発熱などとともに発病し,大部分は1~2日で回復するが,黄疸の現れる場合は重症のものが多い。人から人へ感染するのではなく,サルモネラに汚染された食品の摂取によって起る。サルモネラ菌は 2000近くの血清型に細分されるが,ネズミチフス菌によるものが最も多く,症状も激しい。治療は対症療法のほか,各種抗生物質も効果を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サルモネラしょう【サルモネラ症 salmonellosis】

サルモネラ菌によって起こる感染症の総称であるが,同じサルモネラ菌に属するチフス菌とパラチフス菌(A,Bなど)によるものは,それぞれ腸チフス,パラチフス(いずれも法定伝染病)という独立した疾患として別に取り扱われている。 チフス菌,パラチフス菌以外のサルモネラ菌は家畜や家禽に広く分布し,肉,卵,乳およびその加工品などがこの菌でかなり汚染されている。最近,輸入食品の増加とともに,この疾患がますます増える傾向にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android