コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワフタギ Symplocos chinensis form. pilosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワフタギ
Symplocos chinensis form. pilosa

ハイノキ科の落葉低木で,東アジアに分布し,日本各地の山地に生える。5月頃,新枝に円錐花序をつけ多数の白色の小花を開く。秋,径6~7mmの青色の球形核果を結ぶ。なお,本種の母種とされるタイワンサワフタギ S. chinensisは東南アジアに分布し,全体に毛が多い。日本にはまれに果実の白い変種シロミノサワフタギ S. chinensis var. leucocarpaもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サワフタギ

ニシゴリとも。北海道〜九州,東アジアの山野に広くはえるハイノキ科の落葉低木。枝は灰色,葉は倒卵形で両面には短毛があってざらつき,縁には鋸歯(きょし)がある。5〜6月,新枝の先に円錐花序を出し,白色の花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サワフタギ【Symplocos chinensis Druce var.leucocarpa Ohwi f.pilosa Ohwi】

別名をニシゴリともいい,山地に生じ,とくに谷間や湿地に多いハイノキ科の落葉低木(イラスト)。枝はよく分かれて灰褐色。葉は互生して楕円形または倒卵形,縁に細かい鋸歯があって,表面はややざらつき無光沢。5~6月ころに,多数の白い花が集まって咲く。花冠は深く5裂し,おしべは多数。果実は卵形で6~7mm,秋に,藍色に熟する。北海道から九州まで広く見られ,中国大陸にも分布する。よく茂って沢をふさぐようになることもあるので,“沢ふさぎ”の意味から,和名が生まれたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サワフタギ
さわふたぎ / 沢蓋木
[学]Symplocos chinensis (Lour.) Druce var. leucocarpa (Nakai) Ohwi form pilosa (Nakai) Ohwi

ハイノキ科の落葉低木で高さ2~3メートル。葉は互生し、倒卵形、長さ4~7センチメートルで光沢がなく、縁(へり)に細鋸歯(さいきょし)がある。5~6月、枝先にウメの花に似た小白花が円錐(えんすい)花序に集まって開く。花冠は深く5裂し、雄しべは多数。果実はゆがんだ卵形、長さ6~7ミリメートル、秋に瑠璃(るり)色に熟す。名は、山地の谷間に生え、沢を覆って茂る意味で、北海道から九州、さらに朝鮮半島、中国に分布する。果実の白く熟すものをシロミノサワフタギという。近縁のタンナサワフタギS. coreana (Lv.) Ohwiは樹皮が灰白色で、葉の鋸歯が鋭く、果実が碧黒(へきこく)色に熟すので区別され、関東地方以西に分布する。枝葉を焼いた灰は紫根(しこん)染めの媒染剤に使われ、材は堅くて強いので道具の柄(え)にする。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サワフタギの関連キーワードクロミノニシゴリタンナサワフタギ瑠璃実牛殺小林義雄紫根染めホタルガ綿織木青玉木灰の木牛鼻木錦織木七竈

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android