コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンガ サンガ Sanga

5件 の用語解説(サンガの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンガ(Sanga)

京都サンガF.C.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

サンガ


芸名
サンガ

性別
男性

生年月日
1978/05/01

星座
おうし座

干支
午年

血液型
A

出身地
富山県

身長
171cm

職種
タレント・俳優・女優

趣味・特技
ダンス

プロフィール
富山県出身。ドラマ、映画、舞台など幅広い分野で活躍する。2002年、TBS学校へ行こう!』内コーナーで「軟式globe パーク・マンサー」としてブレイクの経験をもつ。主な出演作品は、テレビ朝日TRICK』、CM『花王「クイックルワイパーハンディー」』、舞台『ボーントゥランプロデュース「BURLESQUE HOTEL」』『Kido8「走れ!新九郎」』、PV『EXILE「ki・zu・na」』、ライブ『イケメンズ「アルデ」』ほか多数。

代表作品
フジテレビ『LIAR GAME Season2』(2009) / 映画『Wiz/Out』(園田新監督)(2007) / 舞台『3-POINT「ダンシング刑事」』主演(2002)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サンガ【saṃgha】

〈集団〉〈群〉〈組合〉などを意味するサンスクリット語。政治史の上では古代インドの部族共和制国家の呼称として用いられる。部族共和制国家とは,専制王をもたず,部族集会で選出された首長や代表者に行政権がゆだねられる国家をいう。同じく集団を意味するガナgaṇaの名でも呼ばれ,英語ではリパブリックrepublicと訳される。仏教成立時代のリッチャビ族や釈迦(シャーキヤ)族の国家は,この種の国家を代表するものである。

サンガ【Sanga】

?‐1291
中国,元初の財政家。西域人。センゲSenggeとも表記される。諸国の言語に通じ,ラマ僧として贍巴(ダムパ)国師の弟子となり,西蕃訳史に任ぜられた。世祖フビライの信頼厚く,総制院使から尚書省の長官となって,徴税体制の強化,紙幣制度の改革,海運体制の強化など財政的手腕をふるった。彼の財政政策は,南北中国を統一した元朝の政治体制を確立するうえで重要な位置を占めた。しかし西域人を多く抜擢して私党をつくり政治を独占したため,1291年(至元28)姦臣として弾劾されて失脚し,処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンガ
サンガ

」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサンガの言及

【僧】より

…とくに男性を僧とよぶのに対し,女性は(あま)とよび,あわせて僧尼ともいう。〈僧〉とはサンスクリットのサンガsaṃghaに対する音写語で,僧伽(そうぎや)とも書き,衆,和合衆と訳す。サンガは元来,集団,共同体の意味で,修行者の集り,教団を指すが,中国では転じて個々の修行者を僧とよぶにいたった(その複数形をあらわす僧侶もまた,日本では個人を指す語に転化した)。…

【僧】より

…とくに男性を僧とよぶのに対し,女性は(あま)とよび,あわせて僧尼ともいう。〈僧〉とはサンスクリットのサンガsaṃghaに対する音写語で,僧伽(そうぎや)とも書き,衆,和合衆と訳す。サンガは元来,集団,共同体の意味で,修行者の集り,教団を指すが,中国では転じて個々の修行者を僧とよぶにいたった(その複数形をあらわす僧侶もまた,日本では個人を指す語に転化した)。…

【タイ】より

…みずから僧として出家すること,あるいは息子を僧として出家させることもまた大きな〈ブン〉を生む〈タンブン〉であるとされている。〈タンブン〉は出家者の教団でありタイ仏教の中核をなすサンガの持続的発展に貢献する行為である。文字どおりの出家者であり,いっさいの生産活動にかかわりをもたないタイの僧とそのサンガが,今日もなお衰退から免れているのは,このように,在家者がみずからの〈ブン〉を増すために行う〈タンブン〉が,結果として出家者とそのサンガの物質的存在を支えているからである。…

【大乗仏教】より

…悟りを求める者)を理想的な人間像とみなし,またこの運動に邁進する者を,老若男女を問わず,〈菩薩〉と呼んだ。その信仰集団は,在来の出家者中心の教団である〈僧伽〉(サンガsaṅgha)に対して,〈菩薩ガナ〉(ボーディサットバ・ガナbodhisattva‐gaṇa)と呼ばれる。 彼らはやがて,自らの思想を表明する手段として,新しい経典を次々と作り出していった。…

【東南アジア】より

…いずれもスリランカで成立,発展した大寺派(マハービハーラ派)の流れを引き,パーリ語で書かれた三蔵経を護持している。上座部仏教の中核はサンガである。サンガとは,いっさいの世俗的労働から解放され,パーリ聖典に書かれた戒律を厳守して,修行に専心する僧侶によって形成される出家者教団である。…

【仏教】より

…その後,ワーラーナシー郊外のサールナート(鹿野苑(ろくやおん))において,もと修行仲間だった5人の修行者を相手に,自ら悟った真理(法)を説き,弟子とした(初転法輪(しよてんぼうりん))。これによって仏(教主)・法(仏の教え)・僧(サンガすなわち弟子たちの集団)の三宝がそろい,仏教が成立した。以後,250人の弟子を連れるシャーリプトラ(舎利弗(しやりほつ))とマハーマウドガリヤーヤナ(大目犍連(だいもくけんれん)。…

※「サンガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンガの関連キーワードサンガ州残害サンガルサンガリアラムネ坊さんが、ゆくだるまさんがさんがさんが味噌さんが焼き三ケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンガの関連情報