サンクトペテルブルク(英語表記)Sankt-Peterburg

大辞林 第三版の解説

サンクトペテルブルク【Sankt-Peterburg】

ロシア連邦の北西部、ネバ川の河口に位置し、バルト海のフィンランド湾に臨む港湾都市。モスクワに次ぐ工業・学術・文化の中心地。1712年から1918年までロシア帝国の首都。一八世紀初めピョートル一世によって建設されペテルブルクと称し、1914年ペトログラードと改称。24年レーニンの名にちなんでレニングラードに改めたが、91年現名に改称。金属・造船・機械などの工業が発達。冬宮・ピョートル宮殿・エルミタージュ美術館などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サンクトペテルブルク

首都モスクワに次ぐロシア第2の都市で、人口457万人。旧名レニングラード。ピョートル大帝が建設し、1712年からロシア革命の翌1918年までは首都。美術館などが有名だが、造船軍需産業、機械製作などが盛んで、有数工業都市でもある。

(2007-06-19 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サンクト‐ペテルブルク

(Sankt-Pjetjerburg) ロシア連邦北西部、フィンランド湾奥のネバ川河口にある都市。一七〇三年、ピョートル大帝によって建設された旧ロシア帝国の首都。一九一四年ペトログラード、二四年にレニングラードと改称されたが、九一年現名称に戻った。モスクワに次ぐロシア第二の都市で、造船・兵器・繊維などの工業が盛ん。冬宮エルミタージュ美術館などがある。ペテルブルクペテルスブルク

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンクトペテルブルクの関連情報