サンクトペテルブルグ大学(読み)サンクトペテルブルグだいがく(英語表記)Sankt-Peterburgskii Gosudarstvennyi Universitet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンクトペテルブルグ大学
サンクトペテルブルグだいがく
Sankt-Peterburgskii Gosudarstvennyi Universitet

ロシアの国立大学ペテルブルグの中央師範学校を母体に,1819年に創設。都市名がレニングラードであった 1924~91年の間はレニングラード大学と称した。設立当初は哲学・法学,史学・言語学物理学・数学の3学部であったが,1854年に東洋学部が増設され,モスクワ大学と並び同国を代表する大学となった。第2次世界大戦中,一時サラトフに疎開していたが,戦後,壊滅した校舎は完全に復旧された。歴史学,言語学,東洋学,哲学,心理学,法学,経済学,数学・機械学,応用数学,物理学,化学,生物学・土壌学,地質学,地理学,ジャーナリズム,社会学などの学部のほかに,外国人向けのロシア語学部や,生物学,化学などの研究所がある。教員数約 2200名,学生数約1万 6600名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android