コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンサ sansa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンサ
sansa

アフリカで広く用いられている体鳴楽器。「サンザ」とも「ムビラ」ともいう。金属製または籐製の細長い舌を,板または共鳴箱 (約 20cm× 30cm) の上に横に並べ,下端を押えて固定し,舌の裏側に横棒を入れ舌の上端を浮かせたもの。舌は,数本~20本ぐらいのものまである。両手の親指で舌の上端をはじいて演奏するので「親指ピアノ」とも呼ばれる。サンサはコンゴのマルング族の呼び名で,地方や民族により名称は非常に多様である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンサの関連キーワードホロヴィッツ:死の舞踏/piano soloサンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会サンサバンシュルガルタンプ教会サンフランシスコゴテラヌエバサンサルバドルローレンシャン高原H.A. ロベルトサンサバールデモンサムソンとデリラモリナ・バラサチャラテナンゴサルララカネダセンスンテペケエルサルバドルオビエド大聖堂ムバンザコンゴサカテコルカ竹越 与三郎アワチャパンパンチマルコ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンサの関連情報