サンサ(英語表記)sansa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンサ
sansa

アフリカで広く用いられている体鳴楽器。「サンザ」とも「ムビラ」ともいう。金属製または籐製の細長い舌を,板または共鳴箱 (約 20cm× 30cm) の上に横に並べ,下端を押えて固定し,舌の裏側に横棒を入れ舌の上端を浮かせたもの。舌は,数本~20本ぐらいのものまである。両手の親指で舌の上端をはじいて演奏するので「親指ピアノ」とも呼ばれる。サンサはコンゴのマルング族の呼び名で,地方や民族により名称は非常に多様である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android