コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントメプリンシペ São Tomé e Príncipe

デジタル大辞泉の解説

サントメ‐プリンシペ(São Tomé e Príncipe)

西アフリカ、赤道直下のギニア湾にあるサントメ島プリンシペ島などからなる共和国。首都サントメ。ポルトガル領から1975年に独立。カカオを産出。人口18万(2010)。サントメ‐エ‐プリンシペ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サントメプリンシペ【São Tomé e Príncipe】

アフリカ西部、ギニア湾の赤道直下に位置するサントメ島とプリンシペ島などから成る民主共和国。1975年ポルトガルから独立。カカオを産する。首都サントメ。住民は黒人。面積960平方キロメートル。人口12万( 2003)。正称、サントメ・プリンシペ民主共和国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サントメプリンシペの関連キーワードサントメ・プリンシペの要覧フラディケ デメネゼスサントメ・プリンシペM.P. ダ・コスタミゲル トロボアダカメルーン火山列プリンシペ[島]サントメ[島]大西洋奴隷貿易オボ自然公園ポルトガル語中部アフリカアンノボン島ボンボン島キノコ切手カブラス島カロス島ロラス島ドブラLDC

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サントメプリンシペの関連情報