コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サント・ドミンゴ サントドミンゴ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サント・ドミンゴ
さんとどみんご
Santo Domingo

西インド諸島、ドミニカ共和国の首都。同国中南部、イスパニョーラ島南岸、オサマ川河口に位置する。人口160万9966(1993センサス)、206万1300(2002推計)。都市圏人口219万3046(1993センサス)。1496年、コロンブスの弟バルトロメによって建設された都市で、教会や行政機関が中央広場ソカロを取り囲み、街路は碁盤目状に配され、アメリカ大陸の植民都市の原型をなした。16世紀初期には、ベラスケス、コルテス、バルボアらによるカリブ海やアメリカ大陸への探検、征服の基地として重要な役割を担った。コロンブスを埋葬するサンタ・マリア・ラ・メノール寺院や、コロンブスの子ディエゴ・コロンの居城(現在はコロン博物館)などの史跡が当時のおもかげを伝える。1936年から61年までは、当時の大統領トルヒーヨの名をとってシウダー・トルヒーヨとよんだが、彼の死後、歴史的に由緒あるサント・ドミンゴに戻った。ハリケーンの常襲地にあり、1930年には壊滅的打撃を受けたが、トルヒーヨにより近代的町並みに再建された。1937年に近代化された港は同国有数の輸出入港で、砂糖、糖蜜(とうみつ)、カカオ、皮革、木材などが積み出される。工業は醸造業、食品加工業が中心であるが、近年は郊外にフリー・ゾーン(非課税地域)が設定され、輸入原材料加工による輸出製品の開発が進んでいる。1538年創設のサント・ドミンゴ大学はこの国の教育、文化の中心。カリブ海地域の海・空の交通の要衝の地にあり、観光業の発達も顕著である。[栗原尚子]

世界遺産の登録

アメリカ大陸で最初に建設された植民都市の歴史的価値が、1990年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「サント・ドミンゴ植民都市」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サント・ドミンゴの関連キーワードバルボア(Vasco Núñez de Balboa)オアハカ歴史地区とモンテサンタサンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区コルテス(Hernán Cortéz)サン・クリストバル(ドミニカ共和国)サンチアゴ・デ・ロス・カバリェロスサント・ドミンゴ教会跡資料館トゥサン・ルベルチュールサントティルソ・デ・モリーナサント・ドミンゴ宣言ドミニカ共和国の要覧パトリモニアルシーイスパニオラ[島]サカテカス歴史地区長崎県長崎市勝山町プエブラ歴史地区アウディエンシアサント・ドミンゴ