コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サント・ドミンゴ サントドミンゴ

2件 の用語解説(サント・ドミンゴの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サント・ドミンゴ

ドミニカ共和国の首都。イスパニオラ島南部,カリブ海に臨む港湾都市。砂糖,カカオなどの輸出港。1496年コロンブスの弟バルトロメオが創設。スペイン新大陸征服,入植の基地となった。
→関連項目サン・クリストバル(ドミニカ共和国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サント・ドミンゴ
さんとどみんご
Santo Domingo

西インド諸島、ドミニカ共和国の首都。同国中南部、イスパニョーラ島南岸、オサマ川河口に位置する。人口160万9966(1993センサス)、206万1300(2002推計)。都市圏人口219万3046(1993センサス)。1496年、コロンブスの弟バルトロメによって建設された都市で、教会や行政機関が中央広場ソカロを取り囲み、街路は碁盤目状に配され、アメリカ大陸の植民都市の原型をなした。16世紀初期には、ベラスケスコルテス、バルボアらによるカリブ海やアメリカ大陸への探検、征服の基地として重要な役割を担った。コロンブスを埋葬するサンタ・マリア・ラ・メノール寺院や、コロンブスの子ディエゴ・コロンの居城(現在はコロン博物館)などの史跡が当時のおもかげを伝える。1936年から61年までは、当時の大統領トルヒーヨの名をとってシウダー・トルヒーヨとよんだが、彼の死後、歴史的に由緒あるサント・ドミンゴに戻った。ハリケーンの常襲地にあり、1930年には壊滅的打撃を受けたが、トルヒーヨにより近代的町並みに再建された。1937年に近代化された港は同国有数の輸出入港で、砂糖、糖蜜(とうみつ)、カカオ、皮革、木材などが積み出される。工業は醸造業、食品加工業が中心であるが、近年は郊外にフリー・ゾーン(非課税地域)が設定され、輸入原材料加工による輸出製品の開発が進んでいる。1538年創設のサント・ドミンゴ大学はこの国の教育、文化の中心。カリブ海地域の海・空の交通の要衝の地にあり、観光業の発達も顕著である。[栗原尚子]

世界遺産の登録

アメリカ大陸で最初に建設された植民都市の歴史的価値が、1990年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「サント・ドミンゴ植民都市」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サント・ドミンゴの関連キーワードサントドミンゴサンホセバンギポルトープランスドミニオンドミニカノバイスパニアバタビアマプートイスパニョーラ島

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サント・ドミンゴの関連情報