コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンバガエル サンバガエル Alytes obstetricans; midwife toad

4件 の用語解説(サンバガエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンバガエル
サンバガエル
Alytes obstetricans; midwife toad

カエル目スズガエル科。外観がヒキガエルに似ているが,はるかに小型。耳腺がなく,瞳孔は縦長の菱形で夜行性の特徴を示す。春から初夏にかけての繁殖期に,雄は雌の腹部を刺激して産卵を促し,産み出された紐状の卵塊を自分の後肢に巻きつけて,約 50日間運んで歩く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サンバガエル

両生類スズガエル科。体長4〜6cm,形はヒキガエルに似るが,背面は黄褐色,腹面は淡い。ヨーロッパ中部〜西部に分布。丘陵地帯にすみ,昼間は穴を掘って隠れ,夜間に出て昆虫を捕食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サンバガエル【midwife toad】

変わった産卵習性で知られるスズガエル科のカエルイラスト)。体長4~6cm。ヨーロッパのドイツからスイスポルトガル地方に分布する。体は小型のヒキガエルのようなずんぐり型で,皮膚には多数のいぼ状隆起があり,毒液を分泌して自衛手段とする。眼が大きく瞳孔は縦長で,後肢のみずかきは発達が悪い。姿に似ず,鈴の音のような美しい声で鳴く。夜行性で,昼間は地中や石の間などに隠れ,餌は昆虫,ナメクジなど。繁殖期は晩春から初夏までで,夜間に地中の穴で抱接する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンバガエル
さんばがえる / 産婆蛙
midwife toad
[学]Alytes obstetricans

両生綱無尾目スズガエル科のカエル。ドイツ、スイス、フランスイベリア半島に分布する。灰色または褐色で小暗斑(あんはん)があり、弱い背側隆条がある。目は大きく、瞳孔(どうこう)は垂直である。ずんぐりした体形で、後肢は短い。体長5センチメートル以下。平地から2000メートルの高度にわたる森林、草地、岩場などに生息し、日中は前肢で掘った穴に潜む。雌雄は陸上で抱接し、雄は雌の産む数珠(じゅず)状の卵紐(らんちゅう)を後肢や腰に巻き付ける。卵は大きく径約4ミリメートル、ほとんど黒色色素を含まない。卵数は約50個。雄はこの状態で卵を持ち運び、ときどき水に入って乾燥を防ぐ。孵化(ふか)期になると水に入り、オタマジャクシが水中に泳ぎ出る。卵を水中に産みっぱなしにせず、親がいろいろの方法で保護するカエルは多いが、この様式はサンバガエル独特のものである。イベリア半島中西部には、本種と重複してイベリアサンバガエルA. cisternasiiが分布する。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンバガエルの関連キーワードスズガエル青蛙赤蛙鈴蛙土蛙産婆蛙アオガエル(青蛙)コモリガエル(子守蛙)ダーウィンハナガエルモリアオガエル(森青蛙)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone