コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザスーリチ

3件 の用語解説(ザスーリチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ザスーリチ

ロシアの女性革命家。早くナロードニキの運動に参加,1878年ペテルブルグ警視総監トレポフを狙撃(そげき)。1880年亡命したが,当時ロシアの農村共同体(ミール)の位置づけについてマルクスと交わした手紙は有名。
→関連項目宮崎夢柳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザスーリチ【Vera Ivanovna Zasulich】

1849‐1919
ロシアの女性革命家。スモレンスク県の貴族の娘。モスクワの寄宿女学校卒業後,2人の姉の影響やネチャーエフとの出会いから革命思想を学ぶ。1869年ネチャーエフ事件に連座し,2年間の拘禁ののち行政流刑。75年キエフナロードニキの組織〈ブンターリ〉に加わるが,首都に出,78年獄中で革命家に体罰が加えられたことを新聞で知ると,ペテルブルグ特別市長官トレポフに偽名で面会を求め,狙撃した。事件は世界中に知られ,陪審裁判で無罪を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザスーリチ
ざすーりち
Вера Ивановна Засулич Vera Ivanovna Zasulich
(1849―1919)

ロシアの婦人革命家。スモレンスク県の貴族の家に生まれる。1868年首都ペテルブルグに出て革命運動に加わり、69~71年、ネチャーエフの事件に関係して投獄され、のち流刑となった。78年、同志ボゴリューボフを鞭(むち)打ちに処したペテルブルグ市長トレポフを銃撃して負傷させた。彼女は、この件で陪審員から無罪を宣せられたが、再逮捕を恐れて国外へ逃亡。79年、帰国してナロードニキの秘密結社「チョールヌイ・ペレジェール(全土地割替)派」に加盟。翌年ふたたび国外に逃れ、83年「労働解放団」の設立に参加。マルクス、エンゲルスの著作を翻訳し、彼らと文通した。1903年、ロシア社会民主労働党の第2回大会でメンシェビキを支持して、その指導者の一人となった。05年ロシアに戻り、17年のボリシェビキの革命には反対の態度をとった。レーニンは彼女のメンシェビズムは攻撃したが、若いときの革命活動は高く評価している。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のザスーリチの言及

【ナロードニキ】より

… しかし,当局の弾圧がきびしく,ここから権力との直接闘争に向かう志向が生まれた。78年のザスーリチの狙撃が開いたテロルの道が人々の心をとらえ,79年6月,結社内の政治闘争派はリペツク会議で,〈執行委員会〉を発足させた。一時妥協がなったが,結社は,この政治闘争派の人民の意志派と農村工作志向の〈土地総割替〉派に分裂した。…

※「ザスーリチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone