コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザモイスキ ザモイスキ Zamoyscy, Jan

4件 の用語解説(ザモイスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザモイスキ
ザモイスキ
Zamoyscy, Jan

[生]1542
[没]1605
ポーランドの貴族。フランスイタリア人文主義教育を受け,1565年ジグムント2世アウグスト枢密顧問官となった。その死後ハプスブルク家の候補者に反対し,ステファン・バトールイの登位を実現,その下で宰相 (1578~86) ,総帥 (81~86) をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ザモイスキ
ザモイスキ
Zamoyscy, Andrzej

[生]1716
[没]1792
ポーランドの貴族。スタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキの初代宰相 (1764~67) として,1764年議会にセイム制度の改革,貴族特権の制限,農奴制の廃止などの改革法案を提出。 65年みずからの領地で農奴解放を実施。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ザモイスキ
ザモイスキ
Zamoyscy, Andrzej

[生]1800
[没]1874
ポーランドの貴族。十一月蜂起 (1830~31) の際,蜂起政府のウィーン代表をつとめる。帰国後,有機的労働を提唱し,農奴解放に尽力,農業協会会長 (58~62) をつとめた。一月蜂起 (63~64) には白党として参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ザモイスキ【Jan Zamoyski】

1542‐1605
16世紀後半から17世紀前半にかけてリトアニアウクライナなどポーランドの東部辺境に獲得した広大な領地を基盤に台頭してきた新興マグナートの一人。父親から相続した四つの農村を200以上に増やし,さらに11の都市を新たに領有した。13歳のとき,のちのフランス国王フランソア2世の相手役としてパリの宮廷に派遣され,4年間の滞在中のちのコレージュ・ド・フランスやソルボンヌ神学校で学んだことが知られている(詳細は不明)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ザモイスキの関連キーワードバルディ家結城孫三郎摂関時代ウィーン古典派ダカーポアリアラージプート族京都府与謝郡与謝野町明石大阪府藤井寺市沢田島根県益田市遠田町愛媛県今治市古谷甲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone