コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアナミド cyanamide

翻訳|cyanamide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアナミド
cyanamide

化学式 NCNH2 。無色の潮解性結晶。融点 46℃。水,アルコール,エーテルベンゼンなどによく溶ける。刺激性で皮膚に触れると炎症を起す。カルシウム塩 (カルシウムシアナミド) は肥料として使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シアナミド【cyanamide】

シアンアミドともいう。化学式NCNH2。カルバミン酸ニトリルcarbamic nitrileである。カルボジイミドHN=C=NHと互変異性をなす。カルシウムシアナミドCaNCNを水と反応させ二酸化炭素を通じるとシアナミド水溶液が得られる。これを硫酸で中和して濃縮すると,無色の針状結晶として析出する。潮解性。融点46℃,沸点140℃(19mmHg)。水,エチルアルコール,エーテル,ベンゼンに易溶。刺激性で皮膚に触れると炎症を起こす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアナミド
しあなみど
cyanamide

シアンのアミド化物で、シアンアミドともいう。アンモニアとクロロシアンCNClとの反応、カルシウムシアナミド(石灰窒素の主成分)CaCN2と酢酸との反応、チオ尿素と酸化水銀()との反応などによって得られる。潮解性の無色針状晶。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルによく溶ける。次のようなカルボジイミドとの互変異性がある。水溶液は弱酸性で安定。
  NCNH2HN=C=NH
酸とは塩をつくり、水酸化ナトリウム水溶液ではNaHCN2なる化合物を生じる。強酸および強アルカリ性水溶液で尿素に加水分解する。硫化水素とは弱アルカリ性で反応してチオ尿素に、アンモニウム塩とはグアニジンの塩になる。金属シアナミドMI2CN2の代表的なものにカルシウムシアナミド、ナトリウムシアナミドNa2CN2がある。二量体のジシアンジイミドNCNHC(NH2)=NHに重合しやすく、150℃に熱すると三量体のメラミンC3H6N6に変化する。刺激性で湿った皮膚に触れると炎症をおこす。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シアナミドの関連キーワードカルシウムシアナミド(データノート)シアナミド(データノート)シアン化カルシウム炭化カルシウム空中窒素固定錆止め塗料防錆塗料窒素肥料マラソンチオ尿素嫌酒薬オッダ顔料尿素石灰

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android