コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シチトウイ

百科事典マイペディアの解説

シチトウイ

リュウキュウイとも。中国南部原産の湿地にはえるカヤツリグサ科多年草。関東以西の暖地や東アジアで栽培され,また野生化している。茎は三稜形で,地下茎から直立し,高さ1.5mに達する。
→関連項目繊維作物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シチトウイ【Chinese mat‐grass】

和名は薩南七島に生える藺の意で,琉球表という丈夫でやや粗い畳表を作るカヤツリグサ科の多年草。琉球藺(りゆうきゆうい)ともいう。水湿地に生え,時に沼田に栽培される。茎は横にはった根茎から立ち上がり,高さ90cm,幅5mmくらいの三稜形で,節はなく,基部に1~2枚の短い葉身をもった葉がある。散形花序は長さ10cmくらい,苞葉は3枚ほどで短く,枝は6~10本で,まばらに薄い赤褐色で線形の小穂をつける。花期は6~9月。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シチトウイ
しちとうい / 七島藺
[学]Cyperus monophyllus Vahl

カヤツリグサ科の多年草。太い根茎があり、根茎のところどころから茎が出る。草丈1~1.5メートル、茎の断面は三角形。葉身は退化し、葉鞘(ようしょう)部だけになっている。花期は夏から秋。沖縄、中国に分布し、日本には1600年代に薩南(さつなん)七島(吐(とから)列島)から伝えられた。関東地方以西の暖地で栽培され、野生化した所もある。地下茎で繁殖させた苗を水田に植え、収穫した茎で畳表や花莚(むしろ)をつくる。また草履(ぞうり)や手提げ袋もつくる。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシチトウイの言及

【豊後国】より


[社会経済]
 各藩領とも領内産業の奨励に力を注いでいるが,新田開発のための用水確保には初期から積極的に取り組み,1645年岡藩の緒方上井路をはじめ,50年(慶安3)府内藩の初瀬井路,62年岡藩の城原(きばる)井路など,大分,大野,直入郡などでは河川を利用しての井路開発が行われ,杵築藩など国東郡では溜池築調が中心となっている。 農産物では,初期では木綿栽培がかなり行われているが,17世紀中葉に導入されたシチトウイ(七島藺)は別府湾沿岸の国東,速見,大分郡地方で普及し,農家の貴重な現銀収入源として文字どおり豊後の国産品となっている。また,ハゼ(櫨)は18世紀にはいって日田郡地方を中心にひろく栽培され,日田商人の活動の一助となっている。…

※「シチトウイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone