コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シチリア派 シチリアはScuola siciliana

3件 の用語解説(シチリア派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シチリア派
シチリアは
Scuola siciliana

13世紀中頃,南イタリア,特にシチリアフリードリヒ2世 (フェデリーコ1世) とマンフレートの宮廷を中心に一種の文化運動を展開した詩派。すでに北イタリアで行われていたプロバンス詩の愛の主題を洗練したシチリア方言でうたい上げ,ラテン語文学に対する俗語文学確立の礎石を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シチリアは【シチリア派 Scuola Siciliana】

13世紀前半,シチリア王兼神聖ローマ皇帝フェデリコ(フリードリヒ)2世のシチリアの宮廷を拠点に形成されたイタリアの詩派。ダンテはその《俗語論》の中で彼らの功績を称揚しているが,文学詩語としてのイタリア語の基礎を築いた流派として重要である。同派の用いた言語は厳密にいえばシチリア語であるが,土着の方言そのものではなく,プロバンス語やラテン語からの摂取を行いつつ洗練度を高めた文学共通語としてのシチリア語であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シチリア派
しちりあは

13世紀前半、神聖ローマ皇帝を兼ねる国王フェデリーコ2世の積極的な文化振興策によって学芸が栄えたシチリア王国パレルモの宮廷において活躍した、一群の詩人をさしていう。呼称はダンテの『俗語論』に由来する。彼らはプロバンスの俗語詩を手本にして宮廷風恋愛の主題を知的かつ技巧的にカンツォーネその他の形式で歌ったが、詩を音楽から独立させ、また新たにソネット形式を創始した功績は大きい。そしてさらに重要なのは、初めて俗語のイタリア語を文学語へと高め、詩作に用いた点で、イタリア文学史は通常ここから始まる。おもな詩人はジャコモ・ダ・レンティーニ、ピエル・デッラ・ビーニャ、グィード・デッレ・コロンネ。[林 和宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシチリア派の言及

【イタリア文学】より

…彼の詩が俗語表現をとったのはほとんど必然であり,それは対抗文化の批判に耐える力を備えていなければならなかった。シチリア[文学] 一般に発生期もしくは揺籃期のイタリア文学を,その俗語表現の粗さから,未成熟の思想もしくは詩法の所産と思いこみがちであるが,〈シチリア派〉の詩人たちに関して,それがまったくの的はずれであることを強調しておかねばならない。もしもそのように知的水準の低い文学集団であったならば,たとえばジャコモ・ダ・レンティーニGiacomo da Lentini(?‐1250)が永遠の詩型〈ソネット〉を創始した,などという事態は起こりえなかったであろう。…

【メッツォジョルノ】より

イタリア【堺 憲一】
【文学】
 メッツォジョルノが文学史に登場するのは,ラテン語から派生して,民衆語として各地域でばらばらに発達したイタリア語を,イタリア全土に共通する言語にまで洗練する必要が強く意識されるようになった13世紀初めであった。この時期に神聖ローマ皇帝に即位したフェデリコ(フリードリヒ)2世は,ギリシア語原典をラテン語に翻訳させるなどの文化政策を推進したため,イタリア各地やプロバンス地方からも多くの知識人がその宮廷に集まり,ここにシチリア派と呼ばれる一群の詩人たちが登場した。この詩派の最大の功績は,それまで単なる民衆口語にすぎなかったイタリア語を詩の言葉として洗練したことであり,ダンテは《俗語論》のなかで,彼らをイタリア語による文学の出発点として位置づけている。…

※「シチリア派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone