シノプ(英語表記)Sinop

デジタル大辞泉の解説

シノプ(Sinop)

トルコ北部、黒海沿岸の港湾都市。天然の良港を擁し、ヒッタイト人が築いた港に起源し、紀元前7世紀に古代ギリシャ人の植民都市シノーペになった。続いて、ポントス王国古代ローマ帝国、ルームセルジューク朝などの支配を経て、15世紀半ばよりオスマン帝国領。紀元前以来の歴史をもつ城塞やセルジューク朝時代に建造されたイスラム寺院がある。キニク学派の哲学者ディオゲネス、ポントス王ミトリダテス6世の生地。スィノプ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シノプ【Sinop】

トルコのアナトリア中北部,黒海に臨む都市。人口2万6000(1990)。同名県の県都。前3000年以来の歴史があり,前2~前1世紀にはポントス王国の中心地となり,前72年にローマによって占領される。ビザンティン帝国の支配をへて,13世紀初めにルーム・セルジューク朝のもとで,黒海沿岸の重要な港として発展した。しかし,現在では鉄道,航空路の便がなく,サムスンゾングルダクトラブゾンと比較して港湾都市としての重要性を失い,農業,漁業が盛ん。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シノプ
しのぷ
Sinop

トルコの小アジア半島北岸、黒海に臨む港湾都市。シノプ県の県都。人口3万0502(2000)。小規模な造船業があり、タバコ、木材などを移出するが、サムスンに港勢を奪われ町は活気に乏しい。紀元前13世紀にさかのぼる歴史をもち、前7世紀にはミレトスの植民市となった。前2世紀にポントゥス王国に領有され、一時はその首都となって大いに栄えた。古代の哲学者ディオゲネスの生誕地である。5世紀のビザンティン帝国時代にさかのぼる城塞(じょうさい)がある。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android