コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビル・ハン国 シビル・ハンこくSibir Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シビル・ハン国
シビル・ハンこく
Sibir Khanate

シャイバーニー朝の一族クチュム・ハン (在位 1556~98) の建てた国家 (56~98) 。首都は西シベリアのイルティシュ,トボル両川の合流点トボリスク南東のシビル。ロシアのエルマク・チモフェービッチの攻撃を受け,クチュムはシビルから逃れたが,エルマクの死後,再びシビルに拠った。しかし,ロシアの攻撃に抗しきれず,クチュムは 1598年8月オビ川流域で敗れ,シビル・ハン国は滅亡した。シベリアという名称はこのシビルに由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シビル・ハン国
しびるはんこく
Sibir Khanate

西シベリアのイルティシ川中流域のシビル市を中心として建てられたウズベク人の国(1556~1600)。1556年ごろ、シャイバーニー朝の一王侯クチュム・ハンがシビル地方に拠(よ)る先住民の王侯ヤーディガルを破って王国を建てたのが起源である。シビルは現在のトボリスク南方のイスケル市にあたり、13、14世紀の元朝の文献に昔必児(シビル)と記されているのがシビルという語の起源である。クチュムは周辺のオスティヤク人を征服し、この地にイスラムを広め、モスクワ大公国を攻めたが、イワン4世(雷帝)の軍隊に攻められ(1581~98)、1600年に殺され、このハン国は完全に滅んだ。[佐口 透]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android