コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマガツオ

栄養・生化学辞典の解説

シマガツオ

 [Brama japonica].スズキ目シマガツオ科の海産魚.体長40〜60cmになる.食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シマガツオ

シマガツオ科の魚。別名エチオピア。これは漁獲後に体色銀白色から黒色に変わることや,日本で多獲されるようになった1930年代にエチオピアとの関係が深まったことなどに由来するといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマガツオ
しまがつお / 縞鰹
[学]Brama japonica

硬骨魚綱スズキ目シマガツオ科に属する海水魚。俗にエチオピアともいう。ほとんど全世界の海洋に分布し、日本の沿岸では中部地方以南の太平洋側に多い。全長60センチメートルに達する。高緯度の海域では表層近くを遊泳し、日本中部以南では200メートル前後の中層を遊泳する。体は高く、著しく側扁(そくへん)し、輪郭が丸い。胸びれは大きく、腹びれは胸びれの直下にある。生時は側線より下部の体色が銀白色であるが、死後すぐに黒くなる。マグロ延縄(はえなわ)漁の副産物としてとれるが、相模(さがみ)湾では底釣りでまとまって漁獲される。肉は白身でやや美味。鮮度の悪いものは練り製品の原料とする。神奈川県三崎(みさき)付近では遊漁の対象として人気があり、5~10トン級の底釣り漁船を利用して、東京湾口から相模湾の海域で釣りが行われている。[鈴木 清]

釣り

相模湾や東京湾口で釣り人がねらうようになったのは1973年(昭和48)からで、水深150~300メートルの宙層を釣る。釣りは一年中行われているが、春から夏に盛んで、引きが強いので釣り人に喜ばれる。竿(さお)はじょうぶな胴付き竿。道糸は伸びのない色分け10号。ハリス10号の枝バリ3本か4本。オモリ100号。魚を誘う水中ライトを仕掛け上部につける。餌(えさ)はサバの身餌。150メートルくらいまで一気に仕掛けを沈め、そのあと泳層を探りながらゆっくり300メートルくらいまでもっていく。強烈な引きなので魚を遊ばせずに一気にリールを巻くようにする。[松田年雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シマガツオの関連キーワードBrama japonica中西部太平洋まぐろ類委員会エチオピア(シマガツオ)シマガツオ(縞鰹)ベンテンウオ鰭白漫才魚弁天魚縞鰹

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android