シャイフ(英語表記)shaykh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シャイフ」の解説

シャイフ
shaykh

アラブ,イスラム社会における老人部族あるいは家族の長老で,宗教的・公共的権威を有する者に対する尊称。たとえば最高の宗教的権威者はシャイフ・アルイスラム村長シャイフ・アルバラド,また学校の教師や学者もシャイフと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「シャイフ」の解説

シャイフ【shaykh】

一般的に〈長老〉〈老人〉を意味するアラビア語であるが,さまざまな集団の長を意味することもある。とくにアラブベドウィンは,各種のレベルの血縁集団の長をシャイフと呼んだ。ことに重要なのは,部族の長としてのシャイフ(またはサイイド)である。部族のシャイフは,年齢,家系,性格,能力などの諸要素を総合して,全体の合意を得られるような人物が選ばれた。部族の有力者の話合い(マジュリス)で選ばれるのが普通であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャイフの言及

【アラブ】より

…集団は規模の大小を問わず,それを統率する指導者を必要とする。このような指導者は,老人を意味するシャイフの名でよばれるのが普通であるが,単に年齢だけでなく個人的資質が重視される。シャイフは集団の成年男子全員の集会マジュリスで選ばれ,シャイフは重大な決定をなすに当たっては,マジュリスの意見を徴するのを常とした。…

【スーフィー】より

…この目標の達成のためには師の指導が不可欠と考えられた。そして導師(シャイフ,ピールpīrと呼ばれる)を中心とするスーフィーのグループがつくられるようになった。このような初期のグループとしては,有名なものにイラク派と呼ばれるジュナイドに由来するグループと,ホラーサーン派と呼ばれるビスターミーのグループがある。…

※「シャイフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android