シャイフ(英語表記)shaykh

改訂新版 世界大百科事典 「シャイフ」の意味・わかりやすい解説

シャイフ
shaykh

一般的に〈長老〉〈老人〉を意味するアラビア語であるが,さまざまな集団の長を意味することもある。とくにアラブベドウィンは,各種のレベルの血縁集団の長をシャイフと呼んだ。ことに重要なのは,部族の長としてのシャイフ(またはサイイド)である。部族のシャイフは,年齢,家系,性格,能力などの諸要素を総合して,全体の合意を得られるような人物が選ばれた。部族の有力者の話合い(マジュリス)で選ばれるのが普通であった。シャイフの権限は限定されたものであり,部族内においては,その役割は主として調停者としてのそれであった。シャイフが部族全体に指揮権をふるうのは戦争においてのみである。

 部族を超えて国家が成立すると,シャイフは国家と部族を結ぶ接点となった。たとえば,ウマイヤ朝カリフ,ムアーウィヤ1世は,カリフの私的諮問機関として有力部族長からなるシューラーshūrāという会議を開いた。このムアーウィヤ1世のやり方自体,アラブの部族のシャイフのあり方をそのまま踏襲しているが,ともかくシューラーを通じてカリフは部族と意思疎通を図ろうとしたのである。現在のサウジアラビア王国でも国王は部族長の意見を聞く会議を開いている。

 シャイフは部族民に対してはそれほど強制力はもたないし,全体に対して公平にふるまうよう期待されているが,それでもその力は富を生み出し,家畜の数やナツメヤシの数,現在ではトラックの数などでは,部族民より明らかにまさっている。シャイフが自身のために利益誘導をすることは,一般にある程度認められている。

 シャイフという称号は部族社会以外の社会でも使われている。都市の街区(ハーラ)のシャイフ,農村(むら)のシャイフ(シャイフ・アルバラド),ギルドのシャイフなどである。これらのシャイフは部族のシャイフと基本的には同じ性格をもっていた。すなわち,内に対しては調停者であり,外に対しては支配者との接点であった。支配者との関係でいえば,多くの場合,このカテゴリーのシャイフは行政組織の末端であり,彼を通じて行政が一般大衆の中に入っていった。そのような役割の一つとして,シャイフが徴税にかかわることがしばしばあった。一方ではシャイフは,大衆の支配権力に対する反抗のリーダーともなりえた。このようにシャイフは小さな共同体の調停者ではあったが,何かあった時には,かなりの指導権をふるえる存在でもあった。

 シャイフという称号は,尊敬を表す敬称としてウラマースーフィーにも与えられた。シャイフは決して制度的称号でも資格でもないので,ウラマーのうちだれがシャイフと呼ばれるかは,はっきりした基準があるわけではない。広くその学識と人格が他より優れていると認められた人がシャイフと呼ばれ,ウラマーの社会では,そういう人々がリーダーシップをとった。またスーフィーの場合も,ウラマーのシャイフと同じで,スーフィーとして信仰と人格がとくに優れていると広く認められた人がシャイフと呼ばれた。このようなスーフィーのもとには多くの求道者・弟子(ムリード)が集まり,死後は聖者としてその墓は尊崇の対象となったりすることが多かった。スーフィーの場合の尊称は,シャイフ以外に各地でさまざまな呼び方がある。

 このようなシャイフの中のあるものは,国家の制度に取り入れられ,一種の官職として支配者によって任命された。たとえば,マムルーク朝のスーフィーの長としてシャイフ・アルマシュヤハやオスマン帝国のウラマーの長としてのシャイフ・アルイスラームなどはそれぞれのスルタンによって任命された。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「シャイフ」の解説

シャイフ
shaykh

「老人」を意味するアラビア語。老人の尊称のほか,部族または氏族の長,ウラマースーフィー教団の創始者およびその後継者,ギルドの長などの称号としても使用される。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「シャイフ」の意味・わかりやすい解説

シャイフ
shaykh

アラブ,イスラム社会における老人,部族あるいは家族の長老で,宗教的・公共的権威を有する者に対する尊称。たとえば最高の宗教的権威者はシャイフ・アルイスラム,村長はシャイフ・アルバラド,また学校の教師や学者もシャイフと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のシャイフの言及

【アラブ】より

…集団は規模の大小を問わず,それを統率する指導者を必要とする。このような指導者は,老人を意味するシャイフの名でよばれるのが普通であるが,単に年齢だけでなく個人的資質が重視される。シャイフは集団の成年男子全員の集会マジュリスで選ばれ,シャイフは重大な決定をなすに当たっては,マジュリスの意見を徴するのを常とした。…

【スーフィー】より

…この目標の達成のためには師の指導が不可欠と考えられた。そして導師(シャイフ,ピールpīrと呼ばれる)を中心とするスーフィーのグループがつくられるようになった。このような初期のグループとしては,有名なものにイラク派と呼ばれるジュナイドに由来するグループと,ホラーサーン派と呼ばれるビスターミーのグループがある。…

※「シャイフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android