コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャクシャインの戦い シャクシャインノタタカイ

デジタル大辞泉の解説

シャクシャイン‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【シャクシャインの戦い】

寛文9年(1669)松前氏の収奪に対して、アイヌの首長シャクシャインが全蝦夷(えぞ)地のアイヌを糾合して起こした蜂起和議の席上シャクシャインは殺害され、アイヌ側の敗北に終わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シャクシャインの戦い

胆振、日高地方などのアイヌ民族が、沙流川とシベチャリ川周辺の漁猟権をめぐって部族抗争となった。これをアイヌ民族への支配拡大に利用しようとした松前藩が一方を支援。策謀に気づいたシベチャリ族の副族長シャクシャインが、ほかの部族に呼びかけて松前藩と戦った。和人との交易に規制をかけることで利益を得ようとするなど、松前藩が実施してきた圧政に対するアイヌ民族の不満の表れでもあった。

(2008-08-20 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

シャクシャインのたたかい【シャクシャインの戦い】

1669年北海道日高を中心に起きたアイヌ民族の蜂起。シブチャリ(現、新ひだか町)-アイヌの首長シャクシャインに率いられた二千余名のアイヌは松前藩の支配と収奪に抵抗して蜂起するが、奸計かんけいにあい鎮圧された。シャクシャインの蜂起。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャクシャインの戦い
しゃくしゃいんのたたかい

1669年(寛文9)、東蝦夷地(ひがしえぞち)シブチャリ(北海道新ひだか町)に拠点をもつアイヌの首長シャクシャインが起こした蜂起(ほうき)。この蜂起は東西蝦夷地の各地に波及し、鷹待(たかまち)(鷹匠)や商船の船頭など日本人390人余(『津軽一統志(つがるいっとうし)』)が殺された。松前(まつまえ)藩への攻撃も企てたが、国縫(くんぬい)(長万部(おしゃまんべ)町)で防ぎ止められ退いた。この戦いの前段には、松前藩への接近策をとるオニビシ(ハエを拠点とするハエクルの首長)との抗争があった。この抗争のなかでオニビシが殺され、ハエクル一族は松前藩に援助要請の使者を送り、援助を求めたが成功せず、使者も帰路に病死した。それが、松前藩による毒殺であるとの風説となって対日本人蜂起の直接のきっかけとなった。しかし、より重要な背景は松前藩の蝦夷交易体制の強化であった。松前藩はアイヌの松前城下、本州方面への渡航を抑え、交易の主導権を蝦夷地へ赴く日本人側に確保しようとしてきた。そのため、干鮭(からさけ)5束(100尾)=米2斗の交換比率が、米7~8升に下がるという状況を引き起こした。また松前藩の砂金取りが河川を荒らすことなどへの不満も前々から積もっており、不満は大きく広範であった。この戦いは、アイヌが日本人の主導権のもとに完全に屈服するかどうかという性格の戦いであった。幕府もこれを重視し、津軽藩兵を派遣した(実戦には不参加)。
 戦いは、鉄砲の威力で松前藩勢の優位の展開となり、ツクナイ(償いの宝物など)の提出、シャクシャインらは助命という条件で和議となった。しかし和議の約束は偽りで、酒宴に酔ったシャクシャインらは松前藩勢に囲まれ殺害され、シャクシャインのチャシ(砦(とりで))も攻め落とされて、この戦いは一段落する。しかし、その後も松前藩は1672年まで出兵を繰り返し、アイヌの動向を点検し続けた。この結果、首長の競合によるアイヌの政治勢力形成の可能性は失われ、同時に蝦夷地における松前藩、日本人側の主導権が確立していったのである。[田端 宏]
『「寛文拾年狄蜂起集書」(『日本庶民生活史料集成 第4巻』所収・1969・三一書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャクシャインの戦いの関連キーワードシベチャリ川流域チャシ跡群及びアッペツチャシ跡北海道日高郡新ひだか町シベチャリチャシ長万部(町)静内〈町〉新ひだか町北海道静内国縫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android