コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャピロ Shapiro, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャピロ
Shapiro, Karl

[生]1913.11.10. メリーランド,ボルティモア
[没]2000.5.14. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカの詩人,批評家。第2次世界大戦に従軍のかたわら書いた戦争詩が好評を博し,のち『戦場書簡その他』V-Letter and Other Poems (1944) にまとめられてピュリッツァー賞を得た。ほかに,詩集『詩人の試練その他』 Trial of a Poet and Other Poems (1947) ,散文詩『ブルジョア詩人』 The Bourgeois Poets (1964) ,また韻文による『押韻試論』 Essay on Rime (1945) や反モダニズムの評論集『無知の弁護』 In Defense of Ignorance (1960) などがある。抑制のきいた視覚的スタイルをもち,肉感的な恋愛詩から鋭い社会諷刺まで範囲が広い。『ポエトリー』誌の編集 (1950~56) のほか,ジョンズ・ホプキンズ大学などで文学を講じた。

シャピロ
Schapiro, Miriam

[生]1923.11.15. カナダ,トロント
[没]2015.6.20. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ハンプトンベイズ
カナダ生まれのアメリカ合衆国のアーティスト。1970年代に台頭したフェミニズムアート運動のさきがけ的な存在。1970~75年のカリフォルニア芸術大学の教員時代にはジュディ・シカゴと協力してフェミニズムアート・プログラムを立ち上げ,インスタレーション『ウーマン・ハウス』(1972)を発表した。また,ミニマリスト運動(→ミニマリズム)に対抗してパターン・アンド・デコレーション運動を起こし,「フィメージ」と称する絵画に刺繍やレース,リボン,縁どりなどを組み合わせたコラージュ作品を発表した。1949年にアイオワ大学で美術学の修士号を取得し,1950年代はニューヨークで抽象表現主義の画家として活動していた。1979年にニューヨーク・フェミニスト・アート・インスティテュートを共同設立した。2002年大学美術協会から特別功労賞を授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シャピロ

米国のユダヤ系詩人,批評家。第2次大戦従軍中に発表した詩集《人,場所,物》(1942年)《愛の場所》(1942年)《V-レター》(1944年,ピュリッツァー賞受賞)は戦争体験を鮮烈に歌う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

シャピロの関連キーワードシャピロ(Meyer Schapiro)ジェームズ・ロバート ジョーンズジョセフソン同期効果ヘンドリックスドラッグストア子供じゃないのデュポン財閥ラインハート11月10日ダミッシュシャピーロ流体力学上村昇散文詩流れ乱流

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャピロの関連情報