コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルドンヌ シャルドンヌ Chardonne, Jacques

6件 の用語解説(シャルドンヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルドンヌ
シャルドンヌ
Chardonne, Jacques

[生]1884.1.2. バルブジュー
[没]1968.5.30. ラフレット
フランスの小説家。本名 Jacques Boutelleau。長い間出版社の共同経営者として,文学部門を担当。 37歳で処女作『祝婚歌』L'Épithalame (1921) を発表,繊細流麗な文体で男女の問題に新しい光をあて,名声を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャルドンヌ(Jacques Chardonne)

[1884~1968]フランスの小説家。夫婦愛の問題を追求した。作「祝婚歌」「エバ」「感情的宿命」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャルドンヌ

フランスの作家。本名Jacques Boutelleau。パリの文学出版社の経営者の一人。37歳のとき処女作《祝婚歌》を発表。日常生活における夫婦の幸福を心理的に追求したモラリスト風の小説。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャルドンヌ【Jacques Chardonne】

1884‐1968
フランスの小説家。本名ジャック・ブーテローJacques Boutelleau。シャラント県の富裕な家庭に育ち,パリで法学士となり,出版社ストックの経営陣に加わる。1921年に《祝婚歌》(フェミナ賞受賞)を発表して文壇に登場するが,これは夫婦間の愛情の機微を描いた心理小説であった。彼自身の結婚→幸福な家庭生活→離婚の体験を基にするこの作品が,以後の小説の主調となった。モラリスト風の箴言を巧みに織り交ぜたその〈夫婦小説〉は,明晰で沈着な文体によって幅広い読者を獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シャルドンヌ【Jacques Chardonne】

1884~1968) 〔本名は Jacques Boutelleau〕 フランスの小説家。常に夫婦生活に材を取り、愛をめぐる幸、不幸を描く。小説「祝婚歌」「離愁(エバ)」「感情的運命」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルドンヌ
しゃるどんぬ
Jacques Chardonne
(1884―1968)

フランスの小説家。本名ジャック・ブーテロー。西仏シャラント県バルブジューの富裕なコニャック醸造業者の家に生まれる。文芸出版のストック社を共同経営していたが、熱烈に愛し合う夫婦アルベールベルトの間の感情の微妙な交錯を分析した『祝婚歌』(1921)で一躍名声を得た。『幸せなる者の歌』(1927)では離婚、『バレー一家』(1929)では相続、『エバ』(1930)では恋の幻影と肉体的行き違い、『クレール』(1931)では死を契機として男女間に揺曳(ようえい)する感情の機微を、ほとんど科学的な正確さで解剖しているが、繊細な文体、巧まざる流麗な語りで、モラリスト的な中庸さと相まって多くの読者を獲得した。『感情的宿命』(1934~36)3巻で、ある陶器製造業の一家の運命をたどる社会小説を試みたが、『ロマネスク』(1938)で得意の夫婦小説に戻った。第二次世界大戦直前、かなり熱烈な国家社会主義的発言をしたことがたたり、戦後は評判を落としたが、ロジェ・ニミエらの新右派の作家たちからは敬愛された。小説のほかに『隣人愛』(1932)、『バルブジューの幸福』(1935)、『愛をめぐる随想』(1927)などの優れたエッセイ集もある。[平岡篤頼]
『佐藤朔訳『結婚』(新潮文庫) ▽神西清訳『愛をめぐる随想』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャルドンヌの関連キーワードツーテンジャックベルコールアランフルニエゴンクールモーリアックジャッククール宮殿赤い数珠赤い輪詩的私的ジャック/JACK THE POETICAL PRIVATE白銀ジャック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone