コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルドンヌ Chardonne, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルドンヌ
Chardonne, Jacques

[生]1884.1.2. バルブジュー
[没]1968.5.30. ラフレット
フランスの小説家。本名 Jacques Boutelleau。長い間出版社の共同経営者として,文学部門を担当。 37歳で処女作『祝婚歌』L'Épithalame (1921) を発表,繊細流麗な文体で男女の問題に新しい光をあて,名声を博した。その他『エバ』 Eva (30) ,『クレール』 Claire (31) ,『感情的宿命』 Les Destinées sentimentales (3部作,34~36) など。第2次世界大戦中の対独協力により戦後はたいした活動をせずに終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シャルドンヌ

フランスの作家。本名Jacques Boutelleau。パリの文学出版社の経営者の一人。37歳のとき処女作《祝婚歌》を発表。日常生活における夫婦の幸福を心理的に追求したモラリスト風の小説。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャルドンヌ【Jacques Chardonne】

1884‐1968
フランスの小説家。本名ジャック・ブーテローJacques Boutelleau。シャラント県の富裕な家庭に育ち,パリで法学士となり,出版社ストックの経営陣に加わる。1921年に《祝婚歌》(フェミナ賞受賞)を発表して文壇に登場するが,これは夫婦間の愛情の機微を描いた心理小説であった。彼自身の結婚→幸福な家庭生活→離婚の体験を基にするこの作品が,以後の小説の主調となった。モラリスト風の箴言を巧みに織り交ぜたその〈夫婦小説〉は,明晰で沈着な文体によって幅広い読者を獲得した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シャルドンヌ【Jacques Chardonne】

1884~1968) 〔本名は Jacques Boutelleau〕 フランスの小説家。常に夫婦生活に材を取り、愛をめぐる幸、不幸を描く。小説「祝婚歌」「離愁(エバ)」「感情的運命」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルドンヌ
しゃるどんぬ
Jacques Chardonne
(1884―1968)

フランスの小説家。本名ジャック・ブーテロー。西仏シャラント県バルブジューの富裕なコニャック醸造業者の家に生まれる。文芸出版のストック社を共同経営していたが、熱烈に愛し合う夫婦アルベールとベルトの間の感情の微妙な交錯を分析した『祝婚歌』(1921)で一躍名声を得た。『幸せなる者の歌』(1927)では離婚、『バレー一家』(1929)では相続、『エバ』(1930)では恋の幻影と肉体的行き違い、『クレール』(1931)では死を契機として男女間に揺曳(ようえい)する感情の機微を、ほとんど科学的な正確さで解剖しているが、繊細な文体、巧まざる流麗な語りで、モラリスト的な中庸さと相まって多くの読者を獲得した。『感情的宿命』(1934~36)3巻で、ある陶器製造業の一家の運命をたどる社会小説を試みたが、『ロマネスク』(1938)で得意の夫婦小説に戻った。第二次世界大戦直前、かなり熱烈な国家社会主義的発言をしたことがたたり、戦後は評判を落としたが、ロジェ・ニミエらの新右派の作家たちからは敬愛された。小説のほかに『隣人愛』(1932)、『バルブジューの幸福』(1935)、『愛をめぐる随想』(1927)などの優れたエッセイ集もある。[平岡篤頼]
『佐藤朔訳『結婚』(新潮文庫) ▽神西清訳『愛をめぐる随想』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャルドンヌの関連キーワードシャルドゥンヌ1月2日Eve神西清宿命

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android