コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンボール シャンボール Chambord, Henri (-Charles-Ferdinand-Marie) Dieudonné d'Artois, Comte de

3件 の用語解説(シャンボールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンボール
シャンボール
Chambord, Henri (-Charles-Ferdinand-Marie) Dieudonné d'Artois, Comte de

[生]1820.9.29. パリ
[没]1883.8.24. フロースドルフ
フランスブルボン家最後の王位相続人。ベリー公の子,シャルル 10世の孫。シャルルの死 (1836) 後,正統王朝派に推戴され,アンリ5世の名前でフランス王位の継承を請求し続けたが,ルイ 14世の弟の流れをくむオルレアンルイ・フィリップが王位につき,成功しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャンボール(Chambord)

フランス中部、ロアール川南岸の地名。16世紀に造られたシャンボール城がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シャンボール【Chambord】

フランス中部,ロアール・エ・シェール県の小村。人口230(1975)。ロアール川支流コソン川のほとりにそびえるルネサンス様式の華麗な城館で知られる。この城館は,長辺154m,短辺117mの方形を呈し,部屋数440,階段数84,煙突数365と,ロアール河畔で最大の規模をもつ。フランソア1世の依頼によってイタリア人建築家ドメニコ・ダ・コルトナDomenico da Cortona(1470ころ‐1549ころ)が設計したものと推測される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャンボールの関連キーワードシュノンソーロアール川ロシュトゥールアゼールリドー城ショーモンシュルロアール城ソーミュール城ツール大聖堂ブロア城トゥーレーヌ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャンボールの関連情報