コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュスラン

3件 の用語解説(シュスランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シュスラン

ビロードランとも。中部地方〜九州,東アジア常緑樹林内にはえるラン科の多年草。高さ10〜15cm。茎は長く地表をはい,上部は立ち上がる。葉は狭卵形で長さ2〜4cm,暗紫緑色でビロード状の光沢があり,中央に1本の白線がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュスラン【Goodyera velutina Maxim.】

地表をはう常緑,小型の地生ラン。光沢のある葉が美しいところから和名がつけられた。ビロードランともいう。茎は地表を匍匐(ほふく)し,下部の各節から根を出す。上部は斜上し,葉を数枚つける。葉は狭卵形で長さ2~4cm,中脈沿いが白い。8~10月,5cmくらいの花梗上に花を5個前後,片側に偏ってつける。花は淡紅色,径8mmくらい。側萼片は半開するが,他の花被片はかぶと状になり,蕊柱(ずいちゆう)を取り囲む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュスラン
しゅすらん / 繻子蘭
[学]Goodyera velutina Maxim.

ラン科の多年草。ビロードランともいう。茎は紐(ひも)状で地表をはい、下部の各節から根を出す。上部は斜上し、葉を4、5枚つける。葉は常緑で光沢があり、中央の白い筋(すじ)が目だつ。名は、いずれも、この葉色に由来する。8~10月、茎の先端の一方に偏って5、6個の花をつける。花は淡紅色、径1センチメートル弱。常緑樹林の林床に生え、関東地方以西の本州から九州、および朝鮮半島、中国大陸に分布する。
 シュスラン属は、蕊柱(ずいちゅう)に翼状の構造がない、柱頭が分裂していない、唇弁に毛が密生するなどの特徴で近縁の属と区別される。温帯と熱帯を中心に約40種あり、日本にはほかにベニシュスラン、アケボノシュスラン、キンギンソウなど10種分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュスランの関連キーワードブロード山火事藍閃石地生え艶気表を張るシャイニー平坦作用植塵ガイナセ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone