コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタルク効果 シュタルクこうか Stark effect

7件 の用語解説(シュタルク効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタルク効果
シュタルクこうか
Stark effect

原子などによる光源が電場の中に置かれたとき,そのスペクトル線が分岐する現象。 1913年ドイツ物理学者 J.シュタルク水素原子のスペクトル線について発見した。この発見により,シュタルクに 19年ノーベル物理学賞が授与された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シュタルク‐こうか〔‐カウクワ〕【シュタルク効果】

光を出している物質に強い電界をかけると、そのスペクトル線が数本に分裂する現象。1913年にシュタルクが発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュタルク効果【シュタルクこうか】

線スペクトルを出している原子に強い電場をかけると,スペクトル線が何本かに分裂する現象。分裂した線の変位はもとの線に関し対称的で,一般に電場の強さに比例する。1913年シュタルクが水素の陽極線について発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

シュタルク効果【Stark effect】

物質系に電場を印加し,これに光そのほかの電磁波を当てたとき,吸収線が分裂したり,位置が移動したりする.位置の移動が電場強度に比例するときは一次のシュタルク効果,二乗,三乗に比例するときはそれぞれ二次のシュタルク効果,三次のシュタルク効果と呼ぶ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シュタルクこうか【シュタルク効果 Stark effect】

電気双極子モーメントμをもつ物質が電場Eの中におかれると,物質のエネルギーは-μ・Eだけ変わる。μが回転運動などによって平均化されている場合,あるいはμをもたない物質の場合にも,Eにより物質にまず分極P=αE(αは分極率)が誘起され,これがEと相互作用をして-1/2αE2に比例したエネルギー変化が起こる。前者を一次,後者を二次のシュタルク効果という。 この効果は,1913年J.シュタルクが電場中に水素光源をおいたとき,水素原子スペクトル線が分岐する現象として見いだしたのが最初である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シュタルクこうか【シュタルク効果】

電場の影響で原子や分子のエネルギー準位がずれ、それらが出す光のスペクトル線が何本かに分裂する現象。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタルク効果
しゅたるくこうか

電界(電場)の中に置かれた原子や分子のスペクトル線が、電界の作用によって分裂する現象。1913年ドイツの物理学者シュタルクによって発見された。分裂の大きさが電界の強さに比例する一次効果と、2乗に比例する二次効果がある。前者は、水素または水素類似原子(原子核のほかに1個だけ電子をもつ原子またはイオン。たとえばヘリウムイオンHe+)においてのみ現れるが、大きさは一般原子においてもみられる二次効果よりはるかに大きい。二次シュタルク効果の観測には、きわめて強い電界を必要とするので、真空放電の陰極電位降下現象を利用したロ・スルド法が用いられている。また、放電などによってつくられるプラズマ中に水素原子やヘリウムイオンが含まれていると、そのスペクトル線は周囲にあるイオンや電子の影響を受けて幅が広くなるので、プラズマ中のイオンや電子の密度の測定に用いられる。[尾中龍猛]
『田幸敏治・大井みさほ著『レーザー入門』(1985・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタルク効果の関連キーワード双極子双極子放射双極子モーメント誘電体極性分子電気双極子デバイの式(双極子モーメント)ランジュヴァン関数ランジュヴァン‐デバイの式電気双極子モーメント

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone