シュバイツァー(英語表記)Schweitzer, Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュバイツァー
Schweitzer, Albert

[生]1875.1.14. アルザス,カイゼルスベルク
[没]1965.9.4. ガボン,ランバレネ
フランスのプロテスタント神学者,音楽家,哲学者,医師。ストラスブール大学で神学と哲学を修め,かたわら音楽,ことにバッハの研究に従い,キリストについての見解,パウロの神秘主義の研究,また独自の生命観を唱え,それぞれ注目を浴びた。バッハの解釈,演奏についても早くから認められ,そのオルガン製作についての意見は国際基準とされた。布教活動を目的に 1905年から医学を学んで 13年に医師となり,フランス領の赤道アフリカ (現在のガボン共和国) に渡って,ランバレネで現地人への伝道と医療に奉仕した。 52年ノーベル平和賞を受けた。主著に『文化哲学』 Kulturphilosophieがある。

シュバイツァー
Schweitzer, Johann Baptist von

[生]1833.7.12. フランクフルトアムマイン
[没]1875.7.28. ベルン,ブリエンツ湖畔ギースバハ
ドイツの労働運動指導者,政治家,劇作家。 1862年以後 F.ラサールの跡を継いで全ドイツ労働者協会会長 (1864~71) ,65年同協会機関紙『社会民主主義』 Der Sozialdemokratを発刊した。北ドイツ連邦議会議員。プロシアを中心に勢力を保ち,ビスマルク政策を支持し,A.ベーベルや K.リープクネヒトと衝突した。

シュバイツァー
Schweitzer, Pierre-Paul

[生]1912.5.29. ストラスブール
[没]1994.1.2. パリ
フランスの国際金融論専門家。 A.シュバイツァーの甥。ストラスブール大学,パリ大学卒業。 1936年大蔵省に入り,47年国際通貨基金 IMFのフランス代表。 60年フランス国立銀行副総裁となり,同国のインフレ経済再建に尽した功績は高く評価された。 63年 IMF専務理事。 71年のドル・ショック後,各国の通貨調整に失敗,73年 IMF専務理事を辞任,民間銀行役員に就任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

シュバイツァー【Albert Schweitzer】

1875~1965) ドイツの神学者・医者・オルガン奏者。エルザス(現フランス領アルザス)の生まれ。1913年アフリカのガボンのランバレネに渡り、半世紀間住民の医療と伝道に従事。徹底的終末論による聖書解釈を主唱。バッハ研究でも有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

シュバイツァー

生年月日:1912年5月29日
フランスの金融専門家
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シュバイツァー

(Albert Schweitzer アルベルト━) ドイツの神学者、哲学者、音楽家、医師、社会事業家。アルザスの生まれ。赤道アフリカのフランス領コンゴ(現ガボン共和国)のランバレネに病院を建設、住民の救済に尽力して「密林の聖者」といわれた。生命への畏敬を倫理の出発点とし、「イエス伝研究史」「水と原生林のはざまで」「文化と倫理」「バッハ」などの著書を著わす一方、核実験禁止を唱え、平和のためにも努めた。一九五二年ノーベル平和賞受賞。(一八七五‐一九六五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュバイツァーの関連情報