コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュペーア シュペーア Speer, Albert

3件 の用語解説(シュペーアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュペーア
シュペーア
Speer, Albert

[生]1905.3.19. マンハイム
[没]1981.9.1. ロンドン
ドイツの建築家,政治家。 1931年国家社会主義ドイツ労働者党 (ナチス) に入党。強制労働を組織化し,ニュルンベルク建設総監,ベルリン都市計画立案責任者として多数のナチス建築物を手がけ,ヒトラー側近の一人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シュペーア【Albert Speer】

1905~1981) ドイツの建築家・政治家。ニュルンベルクのナチス党大会会場・パリ万博ドイツ館などを設計。ヒトラー政権の軍需相を務める。戦後は戦犯として禁固20年の刑を受ける。著「ナチス狂気の内幕」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュペーア
しゅぺーあ
Albert Speer
(1905―1981)

ナチス・ドイツの政治家。当初一介のナチ党員で建築技師(ベルリン工科大学助手)にすぎなかったが、1934年ニュルンベルクのナチ党大会の巧妙な演出でヒトラーに認められ、1937年ベルリンの都市改造計画を委嘱された。1942年事故死したトット軍需相の後任に任命されると、持ち前のテクノクラートの才能を発揮、軍需生産体制の徹底的な管理化に成功、それまで低調であったドイツの軍需生産を一挙に上昇させ、ドイツの戦争能力拡大に貢献した。戦後ニュルンベルク裁判にかけられ、ナチス犯罪に対する責任を肯定した唯一の被告として注目されたが、1946年禁錮20年の判決を受け、1966年刑期満了で出所した。余生は回想録の執筆で過ごした。[藤村瞬一]

建築家としてのシュペーア

マンハイムの建築家の家系に育ったシュペーアは、カールスルーエ工業大学、ミュンヘン工業大学に在籍した後、ベルリン工科大学でハインリヒ・テセノウHeinrich Tessenow(1876-1950)のもとで建築を学んだ。1928年、同大学を卒業後、テセノウ研究室の助手となる。1931年、ナチス入党後ヒトラーと知り合い、1934年、ナチスの建築顧問P・L・トローストPaul Ludwig Troost(1879-1934)の死去にともない後任に抜擢される。以後、若い頃に建築家を志したヒトラーに仕え、その野心の実現化を建築家の立場から支援した。テセノウの簡潔性とトローストの古典性を融合した作風に、ヒトラーの巨大志向が加わり、シュペーアは作品のスケールを膨らませていった。
 最初に手がけたニュルンベルク郊外のツェッペリン広場でのナチ党大会(1934)では、サーチライトにより、空に向けて無数の光の柱を放つ演出を行い、神秘的な空間は「光の大聖堂」と呼ばれた。これがシュペーアの出世のきっかけとなる。建築としては、長いギャラリーをもつ新官邸(1938、ベルリン)など、ヒトラーの好みを反映した装飾の少ない壮大な新古典主義の設計を行った。
 1937年、ベルリンの首都建築総監に任命されたシュペーアは、ベルリンやニュルンベルクにモニュメンタルな都市計画を構想したが、ベルリンの改造計画「ゲルマニア」は、ヒトラーが1925年に描いたスケッチをもとにしていた。都市を貫く南北の「勝利の道」には、巨大なドームをもつ15万人収容の大ホールのほか、官庁街、大企業、ホテル、劇場が並び、高さ117メートルの凱旋門を経て、駅や空港へと続く。シュペーアはローマ帝国にならい、廃墟になったとしても偉大である都市を構想した。退屈で単調との評価もあるが、その平凡さは大衆受けしやすいともいえる。
 アウトバーンの建設や都市改造の大プロジェクトは、社会のインフラストラクチャーを蓄積し、国内の労働力を循環させることも意識していた。しかし、第二次世界大戦の激化により都市計画は中止。1942年、シュペーアは軍需大臣兼土木総監になり、戦争に関係ない建設を禁止した。大戦末期、ドイツを破壊するヒトラーの焦土作戦には反対したという。
 そのほかの主な建築作品に、ニュルンベルク・スタジアム計画(1936)、パリ万博ドイツ館(1937)、ベルリン南駅(1939)、帝国陸軍局(1942、ベルリン)など。著書に『第三帝国の神殿にて』Erinnerungen(1969)などがある。[五十嵐太郎]
『品田豊治訳『第三帝国の神殿にて――ナチス軍需相の証言』(中公文庫) ▽八束はじめ・小山明著『未完の帝国』(1991・福武書店) ▽東秀紀著『ヒトラーの建築家』(2000・日本放送出版協会) ▽Matthias Schmidt Albert Speer; The End of a Myth (1984, St. Martin's Press, New York) ▽Stephen D. Helmer Hitler's Berlin; The Speer Plans for Reshaping the Central City (1985, UMI Research Press, Ann Arbor) ▽Gitta Sereny Albert Speer; His Battle with Truth (1995, Knopf, New York)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュペーアの関連キーワードベルンハイムインハイワイカースハイムマックス・フォン・オッペンハイム男爵シャンハイムーンハイデンハイム・オペラ・フェスティバルシュターミツ カール・フィリップマンハイム気象学会《マンハイム・ジャーナル》マンハイム様式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュペーアの関連情報