コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリ・プリュドム シュリ・プリュドム Sully Prudhomme

3件 の用語解説(シュリ・プリュドムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュリ・プリュドム
シュリ・プリュドム
Sully Prudhomme

[生]1839.3.16. パリ
[没]1907.9.6. シャトネー
フランスの詩人。 René-François-Armand Prudhommeともいう。初めエンジニア,次いで法律家を目指したが,のち詩作に専念,1865年に最初の詩集『スタンスと詩』 Stances et poèmesを発表し,一躍名声を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュリ・プリュドム

フランスの詩人。初期の詩集《スタンスと詩》などで高踏派詩人と目されたが,近代を思索する哲学的な詩に特色がある。《孤独》《運命》など。1881年アカデミー・フランセーズ会員となり,1901年に第1回ノーベル文学賞を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュリ・プリュドム
しゅりぷりゅどむ
Sully Prudhomme
(1839―1907)

フランスの詩人。本名ルネ・フランソワ・アルマン・プリュドムRen Franois Armand Prudhomme。商人の息子としてパリに生まれる。技師を目ざしたが、眼病のため科学技術学校への進路を断念、確たる信念もなく、法律事務所などに勤めていた。1865年に、友人の強い勧めによって最初の詩集『スタンスと詩』Stances et Pomesを刊行、文芸批評家のサント・ブーブに認められるなど、好評を得た。以後、文芸の道を進み、81年にはアカデミー・フランセーズの会員になった。1901年に第1回ノーベル文学賞を受賞。
 はじめは高踏派の詩人とみなされ、哲学的、科学的な趣向をにじませた、完成された優雅な詩を発表した。のちに、激しく自己をみつめる哲学的姿勢を強め、高踏派の枠をこえて独自の詩風を確立した。作品には『孤独』Les Solitudes(1869)、『正義』La Justice(1878)、『幸福』Le Bonheur(1888)などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュリ・プリュドムの関連キーワードエヌパリアパリジェンヌ没・歿勃・歿・没三角数ヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュリ・プリュドムの関連情報