コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリー Śrī

翻訳|Śrī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュリー
Śrī

サンスクリット語で,本来は利益,富,吉祥などを意味する。インド神話では豊穣,繁栄の女神の名とされる。一説によると,アーリア人のインド侵入以前の,先住民の崇拝していた女神であるとされる。ビシュヌ神の神妃とされ,しばしばラクシュミー Lakṣmīとも呼ばれるが,シュリーとラクシュミーとは本来別個の女神であったとされる。また仏教にも取入れられて,吉祥天となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シュリー

フランスの政治家。穏健派プロテスタント。早くからナバール王アンリ(後のアンリ4世)に仕え,ユグノー戦争期に活躍。アンリ4世即位後は事実上宰相として財政再建や農業復興に貢献し,ブルボン王朝の基礎を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュリー【Maximilien de Béthune,baron de Rosny,duc de Sully】

1559‐1641
フランスの政治家。古くからの貴族の家系であったが,祖父の代より家運が傾き,小所領ロニーを残すのみの没落小貴族の出身である。両親がカルビニズムに帰依し,彼自身も早くより新教派に加わってアンリ・ド・ナバール(のちのアンリ4世)の側近となった。1589年アンリ4世即位とともに重用され,事実上の宰相をつとめ王国の復興に貢献した。農業を重視し,タイユ税軽減や役畜・農具の差押え禁止など農民保護立法を推進した。〈農耕と牧畜はフランスの双の乳房〉という彼の言葉は,農本主義的な思想をよく表している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュリーの関連キーワードシュリーパーンチャラートラ・サンヒターシュリー・ナーラーヤナ・グルノートル・ダム大聖堂[パリ]ナーラーヤナ・グル シュリービブリオテーク・ナシヨナル吉祥天(きちじょうてん)コメディ・フランセーズベーダーンタ・サーラヤームナーチャーリヤビシュヌ・プラーナナーラーヤナ・グルノートルダム寺院シュリー ムーネムーネ・シュリーシャンボール城館サンスクリット語パリのセーヌ河岸サータバーハナ朝アンボアーズ城

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュリーの関連情報