コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレジエン戦争 シュレジエンせんそうSilesian Wars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュレジエン戦争
シュレジエンせんそう
Silesian Wars

18世紀中期に,シュレジエンの領有をめぐってオーストリアプロシアの間で行われた2度にわたる戦争。なお,七年戦争を第3次シュレジエン戦争と呼ぶこともある。 (1) 第1次 (1740~42)  オーストリア継承戦争が起るとプロシア王フリードリヒ2世 (大王) は,この機に乗じて領土の拡大をはかり,オーストリアのマリア・テレジアに対してシュレジエンの一部の割譲を要求した。オーストリアがこれを拒否すると,1740年 12月シュレジエンに進攻し,オーストリア軍を各地で破り,その結果翌年7月イギリスの仲介でベルリンで和約が結ばれ,オーストリアはプロシアの全シュレジエン領有を認めた。 (2) 第2次 (44~45)  その後,オーストリア継承戦争がオーストリアに有利に展開してくると,シュレジエンを奪回されることを恐れたフリードリヒはフランス,バイエルンと結び,再び戦端を開いてボヘミア,モラビアに侵攻した。オーストリア軍は善戦し,一時優位に立ったが,45年6月ホーエンフリーデブルクの戦いでプロシア軍に敗れ,さらに長駆ベルリンに進撃しようとしたオーストリア軍もラウジッツに敗れた。マリア・テレジアはドレスデンで和議を結びプロシアのシュレジエン領有を再度承認した。こののちの七年戦争でもマリア・テレジアの失地回復はならなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シュレジエン戦争【シュレジエンせんそう】

シュレジエン領有をめぐるオーストリア・プロイセン間の2回にわたる戦争。オーストリア継承戦争の一部をなす。(1)第1次。プロイセンのフリードリヒ2世はオーストリア王位継承問題を契機にシュレジエンの領有をオーストリアに提案したが,拒否されると直ちに同地に侵入(1740年),1742年ベルリン条約で領有権を認めさせた。
→関連項目シロンスク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュレジエンせんそう【シュレジエン戦争】

3次にわたるプロイセンとオーストリアの戦争で,同時に長期にわたるイギリスとフランスとの植民地戦争と重なり,ドイツにおけるプロイセンの,また世界におけるイギリスの優位をもたらした。(1)第1次(1740‐42) マリア・テレジアのオーストリア相続を認めていたプロイセン王フリードリヒ2世(大王)は,代償にシュレジエンを求めて占領し,オーストリア継承戦争の口火を切った。反オーストリアのブルボン連合に支援されてバイエルン公カール・アルブレヒトの皇帝即位(カール7世)が実現すると,プロイセンはイギリスの調停により,ブレスラウ(現,ブロツワフ)に和を結び,シュレジエンを確保する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシュレジエン戦争の言及

【オーストリア継承戦争】より

…この領土相続は,列国の承認をえた〈国事詔書(プラグマティッシェ・ザンクツィオン)〉にもとづくものであったが,40年10月,マリア・テレジアが父の死とともにオーストリアの君主になると,バイエルン,ザクセンおよびスペインは,領土的野心から約束を破ってこれに異議を唱え,ハプスブルクと長年敵対関係にあるフランスがこれを支持した。一方,プロイセン王フリードリヒ2世も,根拠のない要求権をかかげてオーストリアのシュレジエン州を占領したが(第1次シュレジエン戦争の開始),フランスはプロイセンとも同盟した。このため,マリア・テレジアは,海外植民地をめぐりフランスと争っているイギリスの援助はあったものの(フランス領カナダをめぐるジョージ王戦争,1744‐48),列強を向こうに回して苦しい戦いをよぎなくされた。…

※「シュレジエン戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュレジエン戦争の関連キーワードフリードリヒ[2世]ジュースミルヒザイドリッツカルル7世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android