シュワイツァー(Johann Baptist von Schweitzer)(読み)しゅわいつぁー(英語表記)Johann Baptist von Schweitzer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュワイツァー(Johann Baptist von Schweitzer)
しゅわいつぁー
Johann Baptist von Schweitzer
(1834―1875)

ドイツの社会民主主義者。フランクフルト・アム・マインに生まれる。弁護士となったが、マキャベッリの政治思想の影響を受けて労働運動に関心を抱き、同地の労働者教育協会の共同設立者となった。1863年ラッサールの率いる全ドイツ労働者協会に参加、1864年には協会機関紙『ゾチアール・デモクラート』(社会民主主義者)を創刊、一時はマルクスやエンゲルスの寄稿も受けた。1867年に協会の会長となったが、第一インターナショナルへの加盟に反対し、ラッサール主義を推し進めようとしたため、反対派がベーベルらとアイゼナハ派を結成する結果を招いた。1871年に政界を退き、以後文学に没頭、1875年7月28日スイスで没した。

[松 俊夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android